ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

最高の高揚感が味わえる! “クールな男”たちが活躍する最新映画3選

リュック・ベッソンが製作・脚本を手掛け、新感覚カー・アクションとして全世界にTAXi旋風を巻き起こし、大ヒットを記録した『TAXi』シリーズ。伝説のタクシードライバー・ダニエルが、ボタン一つで様変わりするプジョー407を乗りこなし、次々と披露させる華麗なカーアクションには、当時目を奪われた人も多いはず。そんな『TAXi』シリーズの最新作となる『TAXi ダイヤモンド・ミッション』を始め、年明けは”クールな男”たちが活躍する、最高に心地よい高揚感が味わえる映画が続々と公開となります。今回はそのラインナップの一部をご紹介!

【最高のドライビングテク×検挙率No,1の男が、時速300km越えの世界最速タクシーで魅せる痛快アクション】
『TAXi ダイヤモンド・ミッション』(1月18日公開)

1作目の『TAXi』(98)公開から20年以上の時を経て、満を持して5作目となるTAXi ダイヤモンド・ミッションが1月18日より公開となる。『TAXi4』までのキャストを刷新し、新たなバディとなったのは、『Pom in the Hood』(12)、『Pattaya』(16)の監督で本国フランスにて大ヒットを収めたフランク・ガスタンビドと、フランスで人気を博すコメディアン、マリク・ベンタルハ。検挙率No.1のエリートでありながら超絶ドライブテクを持つがゆえに問題児の警官マロ(フランク)、かなり間抜けなタクシードライバー・エディ(マリク)にそれぞれ扮して描かれる。

新星『TAXi』でもやはり注目したいのが、時速300kmを超えるタクシー・プジョー407によるカーアクションの数々。本作では、伝説のタクシードライバー・ダニエルにも劣らないドライビングテクを持つスピード狂・マロが、プジョー407を自由自在に操り、ド派手なカーアクションを見せつける。実際にマルセイユの街を封鎖して撮影されたド派手なカーチェイスは、手に汗握る迫力あふれたリアルな映像に仕上がっていることはもちろんのこと、砂漠からマルセイユ、地中海、さらに空まで縦横無尽に駆け巡る”規格外”な本作は、シリーズ最大で最高な爽快感を味わえるはず!

(C)2018 – T5 PRODUCTION – ARP – TF1 FILMS PRODUCTION – EUROPACORP – TOUS DROITS RESERVES

【戦わなければいけない奴がいる―『ロッキー4/炎の友情』を受け継ぐ、息子同士の宿命の戦い】
『クリード 炎の宿敵』(1月11日公開)

『ロッキー』シリーズの新章として公開され、全世界興収1億7,356万ドルを記録した『クリード チャンプを継ぐ男』(15)の全世界待望の続編となる本作。『ロッキー4/炎の友情』で、ロッキーの最大のライバルにして親友のアポロ・クリードは、ロシアの王者イワン・ドラゴと対戦。壮絶なファイトを繰り広げた末に倒され、そのまま帰らぬ人となった。あれから歳月が流れ、ついにその息子同士がリングに上がり、因縁の対決に挑む二人の姿を描く。ひたむきに夢を追い求める姿が共感を呼び大ヒットし、批評家・観客からも”シリーズ最高の興奮と感動ドラマ”と大絶賛を受けた前作。栄光、信頼、家族―、全てを背負い強くなっていく男たちの姿と、彼らを取り巻く魂震える人間ドラマに、観る者すべての心を震わせることは間違いなさそうだ。

(C)2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

【イカれた天才×完璧な頭脳が”究極の護送作戦”に挑む、スパイ・アクションの快作!】
『マイル22』(1月18日公開)

『ローン・サバイバー』『バーニング・オーシャン』『パトリオット・デイ』でタッグを組んできたマーク・ウォールバーグとピーター・バーグ監督が4度目のタッグで初めてオリジナル作品に挑む本作。世界を揺るがす危険な”物質”が盗まれた。その行方を知る重要参考人から情報を聞き出すため、ジェームズ・シルバ(通称ジミー)率いるCIA機密特殊部隊はインドカー国のアメリカ大使館から空港までの22マイル(35.4Km)、全方位集中砲火の中、究極の護送作戦に挑む。果たして彼らはミッションを完遂できるのか―!?撮影にはマシンガン・M-4ライフル、カラシニコフ、ウージー軽機関銃などの銃&4万発の弾薬が使用された圧巻のアクションシーンはもちろんのこと、最強の特殊部隊を率いる”イカれた天才”ジミー、そして”完璧な頭脳”を武器に彼らに指示を出すビショップの強力タッグで、一筋縄ではいかない”世界を欺くミッション”に挑む彼らの姿には目が離せそうもない!

(C)MMXVIII STX Productions, LLC. All Rights Reserved.

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy