ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2020年開業予定の東京ディズニーランド「美女と野獣エリア」新情報! アトラクションは約8分の豪華なものに 

2020年に開業を予定している、『東京ディズニーランド』内「ファンタジーランド」「トゥモローランド」「トゥーンタウン」にそれぞれ登場する新施設の名称が明らかに。一部工事現場の写真も公開されました。

「ファンタジーランド」には映画『美女と野獣』をテーマとしたエリアが。高さ約30mの「美女と野獣の城」の中にある、大型アトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」は、映画の名曲に合わせて踊るように動くライドにのり、いくつもの名シーンを巡ります。

ふむふむ。どうやらティーカップに乗って、くるくるとまわりながらシーンを体験出来るみたいですね! アトラクションの体験時間は約8分を予定しているそう。東京ディズニーランドの人気アトラクション「プーさんのハニーハント」が約4分半とのことなので、たっぷり楽しめるアトラクションに。ちなみに投資額は320億円とのことで、『東京ディズニーシー』の「タワー・オブ・テラー」よりも多額の投資をしているそうで、豪華なアトラクションに期待大です。

写真は工事中の様子。ベルの住む村やお城の世界観がしっかり作られていますね。ここにはアトラクションのほかにも商品店舗「ビレッジショップス」やレストラン「ラ・タベルヌ・ド・ガストン」がオープンし、エリア全体で『美女と野獣』気分を大満喫できそう!

【動画】新アトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」メイキング映像
https://www.youtube.com/watch?v=ce5bjFY1Faw

また、東京ディズニーランド初となる本格的な屋内シアター「ファンタジーランド・フォレストシアター」ではダイナミックに変化するステージでライブパフォーマンスを楽しむことが出来ます。演目はディズニーのキャラクターたちと一緒に素晴らしい音楽の世界をめぐる旅をテーマにしているとのことで、こちらも楽しみですね。

「ファンタジーランド」に出来るもの

1:美女と野獣“魔法のものがたり”(大型アトラクション)※ファストパスあり
2:ビレッジショップス(ショップ。ラ・ベル・リブレリー、ボンジュールギフト、リトルタウントレーダーより構成)
3:ラ・タベルヌ・ド・ガストン(レストラン)
4:ル・フウズ(小規模フード店舗)
5:ル・プティポッパー(ポップコーンワゴン)
6:ファンタジーランド・フォレストシアター(エンターテイメントシアター)

『美女と野獣』エリアのイメージは以下のとおり。

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy