ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ビリギャル』の坪田信貴先生が教える「才能の正体」とは?

「自分には才能がない」と悩んだことはない?

 

スタディサプリ進路が全国の高校生100人にアンケート調査を行ったところ、「自分には才能があると思いますか?」という質問に「NO」と答えた人は約70%。

 

その理由としては、

 

 

  ・「何をやってもうまくいかないから」(高 3 男子・岡山県)

 

・「才能がある人と比べると、つまらない人間だと感じるから」(高 3 男子・長崎県)

 

・「あたりさわりなく平凡に過ごしていて、自分の長所や特技といえるものが何もないから」(高 2 女子・神奈川県)

 

・「努力しないと何もできないから」(高 1 男子・埼玉県)

 

・「才能があったら、もっとほかのことをしているはずだから」(高 1 女子・東京都)

という意見があった。

 

さらに、「自分以外で才能があると思う人はいますか?」という質問には、約90%が「YES」と回答。

 

家族や友達など、身近な人から、芸能人、スポーツ選手など、さまざまな名前が挙げられた。

 

そもそも「才能」って何なのだろうか?

 

「才能がない」と思っている人が多いけど、本当なのだろうか?

 

どうやったら「才能のある人」になれるのだろうか?

 

著書『才能の正体』で、「才能は、誰にでもある」と説いている『ビリギャル』の坪田信貴先生に、「才能」について聞いてみた!

 

【今回教えてくれたのは…】

 

『ビリギャル』の坪田信貴先生が教える 「才能の正体」とは?

※今回、「才能」について坪田信貴先生に聞いてきた!

  坪田信貴先生

坪田塾塾長。心理学を駆使した学習法により、これまでに1300人以上の子どもたちを「子別指導」、多くの生徒の偏差値を急激に上げてきた。

映画化もされて大ベストセラーとなった『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』のほか、『どんな人でも頭が良くなる世界に一つだけの勉強法』『才能の正体』など著書多数。

テレビ、ラジオ、講演会でも活躍中。

 

 

才能とは能力を磨いて尖った部分

『ビリギャル』の坪田信貴先生が教える 「才能の正体」とは?

※才能とは能力を磨いて尖った部分

 

そもそも「才能」とは何なのだろうか?

 

「才能」を辞書で引いてみると、「生まれつきの能力。また、その働きのすぐれていること。才幹」(『日本国語大辞典』より)、「物事をうまくなしとげるすぐれた能力。技術・学問・芸能などについての素質や能力」(『大辞林』より)と書かれている。

 

「もって生まれた、すぐれた能力」という意味が一般的だが、坪田先生が考える「才能」は、そうではないという。 「才能」とは、「みんながもっている能力を磨いて尖った部分」だと、ぼくは思います。

 

基本的には、後天的なものです。

 

能力は誰でももっているもの。

 

歩くのも能力だし、話をするのも能力。

 

動詞のすべてが能力です。

 

その能力を磨いていって、どんどん高まって、人よりも突出したり、尖ったりする部分が出てきたら、それが「才能」になるのです。

 

ちなみに、『広辞苑』で「才能」を引いてみると、「才知と能力。ある個人の一定の素質、または訓練によって得られた能力」と書かれています。

 

この解釈がぼくの考えに一番近いでしょう。

 

才能がないのではなく磨かれていないだけ

『ビリギャル』の坪田信貴先生が教える 「才能の正体」とは?

※才能がないのではなく磨かれていないだけ

 

自分は才能がないと思っている人が多いけど、坪田先生は、「才能は、誰にでもある」と断言する。 ついついほかの人と自分を比べてしまうことってありませんか?

 

自分よりもテストの点が高かったり、足が速い人がいて、努力しても勝てなかったりすると、自分には才能がないと、あきらめてしまう。

 

友達をライバル視して、自分ができていないところばかり気にしてしまう。

 

ネガティブな部分ばかりに目がいって、自分は才能がないと決めつけてしまうんですね。

 

『ビリギャル』のさやかちゃんは、「もともと才能があったんでしょう」とよく言われます。

 

でも、その人は、さやかちゃんに会ったことがありません。

 

何をもって「才能がある」と判断したのでしょう。

 

それは、慶應大学に合格したから。

 

つまり、人は結果だけを見て、才能があるかないか判断していることが多いのです。

 

自分の能力以上のことは判断できないから、結果だけを見て、才能の有無を決めつけてしまうのは、間違っていると思います。

 

高校生は、才能がなくてあたりまえです。

 

なぜなら、まだ能力を磨いていないから。

 

才能とは、能力を磨いて出てくるものだから、才能をもっていないのではなく、まだ磨かれて尖った能力がないだけ。

 

誰でも能力はもっているから、あきらめないで、それを磨いていけば「才能」として認められるようになるのです。

自分が好きな何かを磨くことを毎日の習慣にする

自分にはどんな才能があるのか、わからない人も多い。

 

どうやったら、自分の才能をみつけることができるのだろうか? 才能は、みつけるものではありません。

 

あなたが今、楽しいと思うことを磨いていけばいいのです。

 

磨きたいものを磨けばいい。まずは好きなことをやってみる。

 

もし、うまくいかなかったら、ほかのことをすればいい。

 

毎日必ず少しずつでもいいから、何か続けていくことを習慣にしてください。

 

それを習慣にできたら、いつか必ず何かしらの才能の花が開きます。

 

大きく咲く人もいれば、小さな花がいっぱい咲く人もいるでしょう。

 

ぼくは、自分の尖りを証明し続けようとする人が「天才」だと思っています。

 

例えばイチローさんは、10 年くらい前にピークだと思って引退していてもおかしくなかった。

 

でも、まだまだ自分にはもっと尖らせる、磨くところがあると考えて、今でも野球の練習を続けている。

1 2次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。