海外版ファミコンをギターにして『スーパーマリオブラザーズ』のBGMを弾いてみた ついでに同時プレイも

access_time create folderエンタメ

ファミコンの海外版といえば『ニンテンドーエンターテインメントシステム(以下、NES)』ですが、この『NES』をギターに改造して、『スーパーマリオブラザーズ』のBGMを演奏する動画が『YouTube』で公開されています。

Mario on a NINTENDO guitar! (YouTube)
https://youtu.be/rLwK-4ESCNI

リバーブ(Reverb)という楽器売買サイトのプロモーションの一環として公開されたのがこちらの動画です。

Reverb.com [リンク]
https://reverb.com/contests/rob-scallons-guitendo-giveaway

“ギテンドー(guitendo)”と命名されたギターを演奏するのは、YouTuberのロブ・スカロンさん。

土管に入っていく効果音や……

コインを取る時の効果音まで見事に再現しています。

ステージクリア!

The Guitendo. (functioning guitar & console) (YouTube)
https://youtu.be/e_xOof25cxI

ギターとしても『NES』としても実際に稼働することを証明するために、1人は『スーパーマリオブラザーズ』を実際にプレイしながら、BGMをロブさんが演奏するという動画がこちら。生演奏付きのゲームプレイとか、eスポーツ系のイベントとかでニーズがありそうです。それにしても楽しそうですね。

※画像:『YouTube』より引用
https://www.youtube.com/watch?v=rLwK-4ESCNI

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

access_time create folderエンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧