ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『カウボーイビバップ』の実写テレビシリーズはNetflixで配信へ

日本の人気SFアニメ『カウボーイビバップ』の実写テレビシリーズ化が進められている件で、同作がNetflixにて全世界に向けて配信されることが分かりました。米国で製作されるシリーズですが、日本でもタイムラグなく視聴できそうで嬉しい! エピソード数は10話を予定しているようです。

『ONE PIECE』の実写化も進めている米国の製作会社Tomorrow StudiosとNetflixが共同製作を務め、オリジナルアニメーションの渡辺信一郎監督がコンサルタント、サンライズ代表・宮河恭夫氏らがエグゼクティブプロデューサーとして参加します。脚本は映画『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』や映画『マイティ・ソー/バトルロイヤル』のクリストファー・ヨスト。

『カウボーイビバップ』は、2071年の火星を中心とした太陽系を舞台に、賞金の掛かった犯罪者を追って宇宙を飛び回る通称“カウボーイ”と呼ばれる賞金稼ぎたちの物語。テレビ東京系などで1998年4月から放送を開始し、その後WOWOWに放送局を移して全26話が放送されました。2001年には劇場作品『カウボーイビバップ 天国の扉』が公開されています。

実写版『カウボーイビバップ』の配信開始の時期については続報が待たれます。

(C)サンライズ

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy