ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

ペローリ剥がれる極薄皮膜『Fine Fiber技術』発表 花王の新開発一挙公開

日々、進化する技術の世界。

ふと気づくと「えっ! こんなことがもう出来るようになっているの?」と驚きの新技術。

そんな新技術ですが、11月27日に花王から『Fine Fiber(ファインファイバー)技術』が発表。さらにそのほか、花王が研究開発している新技術も公開。ご紹介します。

『Fine Fiber技術』とは?

Fine Fiber技術とは、小型の専用装置にセットした化粧品用のポリマー溶液を、装置のノズルを通して肌に直接噴射することで、肌表面に極細繊維からなる積層型極薄膜を形成する技術。

この技術を用いることで、誰でも簡単に、身体中のさまざまな部位の三次元形状や面積に合わせた膜を、肌表面に自在に形成できるようになるというもの。

筆者も実際に体験してみました。

装置で「シューッ」と繊維をふきかけ、水分やオイルで軽く定着させると、極薄の被膜ができ、肌へ覆われます。つけた感触まるでなし! 不思議すぎる……!

そして肌に付いた被膜を剥がしてもらいました。うすーいシートのようなものが確かに覆われています。これはすごい。




【動画】ペローリ剥がれる極薄被膜『Fine Fiber』を花王が発表(YouTube)
https://youtu.be/coDNMUheA3E

『RNA Monitoring』(RNA モニタリング)

発表会では『Fine Fiber技術』のほかにも続々と、開発中の新技術が公開。

『RNA Monitoring』は皮膚状態を反映する遺伝子発現情報『RNA(リボ核酸)』を顔の皮脂から単離し、分析する新技術『RNA Monitoring』を開発。

ひとそれぞれの未来の皮膚の状況を分析してコスメや薬ができるようになるかも?

『Created Color』(クリエイティッド カラー)

次に紹介された新技術はヘアカラー。

花王ではメラニン色素をものもとを白髪に供給し、自然な黒髪色を実現する技術を確立したほか、富士フィルムと共同開発した高精細な発色の染料の開発も成功。

近い将来、シャンプーで簡単にカラーリングができちゃうそうです。

『Bio IOS』(バイオIOS)

『Bio IOS』の研究ではこれまでに洗浄には不向きとされていたアブラヤシの多くを占める果肉部から抽出する油脂を洗浄に適した成分に転換させることに成功。この技術により見出した界面活性剤が『Bio IOS』。

Package RecyCreation(パッケージ リサイクリエーション)

詰め替え用製品、つけかえ用製品。使う側に負担がないリサイクルパッケージが続々とみられますが、さらに進化中。

再生プラスチックを100%利用した残液ゼロのエコなパッケージも開発されているそう。

今後、花王では新技術を用いた様々な製品展開を検討しているそう。楽しみですね。

花王
https://www.kao.com/jp/

erini (エリーニ)の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき