Xbox One/Windows 10向けゲームのインディー開発者向けパブリッシングプログラム『ID@Xbox』が国内展開5年目を迎える SWERY氏新作に加え日本発の7タイトルをお披露目

access_time create folderゲーム

日本マイクロソフトは11月22日、Xbox Liveに対応したXbox One/Windows 10用ゲームのセルフパブリッシングプログラム『ID@Xbox』のプレスブリーフィングを開催。マイクロソフトから『ID@Xbox』担当のシニア ディレクターChris Charla氏が来日し、現状と今後の展望についてプレゼンテーションを行いました。

『ID@Xbox』は、法人であれば規模の大小にかかわらず参加できるXbox One/Windows 10用ゲームのセルフパブリッシングプログラム。プログラム参加者は2台の開発キットが無償提供されるほか、一度提出すれば全世界に向けてリリース可能なプラットフォームが利用でき、開発サポートやゲーム公開後のプロモーション支援が受けられるのが特徴です。国内では2013年8月に発表され、国内で最初のタイトルが2014年4月に発売されています。

Charla氏はマイクロソフトのゲームプラットフォームの戦略について、「遊びたいゲーム」を「遊びたい人」と「遊びたいデバイス」でプレイすることと説明。10月に発表された、Xbox OneやWindows 10デバイスだけでなく、スマートフォンやタブレットにもゲームへのアクセスを可能にするゲームストリーミングサービス『Project xCloud』を紹介しました。今後『ID@Xbox』に参加することで、より幅広いプラットフォームに展開できる可能性が考えられます。

『ID@Xbox』を通して日本でリリースされたタイトルは31タイトル。この日、今後Xbox One向けにリリースが予定されている日本発タイトル7本が発表されました。

『La-Mulana 2』(アクティブゲーミングメディア/PLAYISM)

『ドラゴンファングZ 竜者ロゼと宿り木の迷宮』(Toydea)

『BackSlash』(Skelton Crew Studio)

『ライバル・メガガン』(Spacewave Software)

『アルバスティア戦記』(ケムコ)

『サリーの法則』(Polaris-x)

『フォーゴットン・アン』(コーラス・ワールドワイド)

プレスブリーフィングには、11月にメキシコで開催されたイベント『X018』でXbox One版の発売が発表された『The Good Life』のディレクターを務めるWhite OwlsのSWERY氏がゲストとして登壇。同作が『ID@Xbox』を通してリリースされ、100タイトル以上のXbox One/Xbox 360ゲームが利用できる月額サービス『Xbox Game Pass』と『Project xCloud』に対応予定であることが発表されました。
※『Xbox Game Pass』の国内での開始時期は未定

『レッド シーズ プロファイル』『D4: Dark Dreams Don’t Die』といった作品で海外のXboxユーザーからも支持を集めるSWERY氏。『The Good Life』Xbox One版の発表ではXbox 360時代からのファンが感謝のメッセージを寄せていることに触れ、『ID@Xbox』への参加について「やってよかった」とコメントしています。イギリスの田舎町を舞台に、借金返済生活を送りながら町の秘密を探るRPGという同作。自転車による移動、主人公が変身する犬や猫の動作デモなどを披露し、開発の進捗については「12月いっぱいでαが終わるスケジュール。来年どこかのタイミングのゲームショウで違う形でお見せできれば」と見通しを語りました。『Project xCloud』への対応を含め、今後の展開に注目できそうです。

Independent Developer Program for Xbox One
https://www.xbox.com/ja-JP/developers/id/

  1. HOME
  2. ゲーム
  3. Xbox One/Windows 10向けゲームのインディー開発者向けパブリッシングプログラム『ID@Xbox』が国内展開5年目を迎える SWERY氏新作に加え日本発の7タイトルをお披露目
access_time create folderゲーム

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。