ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

トルコの世界遺産「アヤソフィア博物館」黄金のモザイク画を徹底解説

トルコの世界遺産「アヤソフィア博物館」黄金のモザイク画を徹底解説
トルコ最大の都市イスタンブールは、その首都がアンカラに移るまで、ビザンツ帝国とオスマン帝国という二大帝国の帝都として栄えました。

ビザンツ帝国時代にはキリスト教文化、オスマン帝国時代になってからはイスラム文化という異なる宗教の祈りの場であったアヤソフィアは、1985年に世界文化遺産に登録され、現在は博物館として一般公開されています。

トルコの世界遺産「アヤソフィア博物館」黄金のモザイク画を徹底解説
アヤソフィア博物館の最大の見どころといえば、やはりキリスト教聖堂時代のモザイク画です。現在私たちが見ることができるモザイク画はいつ頃作成され、何を意味しているのでしょうか?

『キリストと皇帝』

このモザイク画は、本堂への中央入口の上部にあります。この入口はかつて皇帝の典礼用にのみ使われていて、いまとは別のモザイク画がありました。現在見ることができるものは、キリストを囲うように大天使と聖母マリアが描かれ、キリストに皇帝が礼拝をしている様子が描かれたものです。10世紀初頭のものかといわれていますが、定かではありません。

トルコの世界遺産「アヤソフィア博物館」黄金のモザイク画を徹底解説

『聖母子、ユスティニアヌス1世とコンスタンティヌス1世』

西南の玄関入口上部にあるモザイク画です。ユスティニアヌスがアヤソフィアを、コンスタンティヌスがコンスタンティノープル(現イスタンブール)を、中央に建つ聖母子に捧げている様子が描かれています。作成の時期や動機は定かではありませんが、10世紀後半のものとされています。

トルコの世界遺産「アヤソフィア博物館」黄金のモザイク画を徹底解説

『キリストと皇帝コンスタンティヌス9世、皇后ゾエ』

2階の南側の回廊に残されたモザイク画です。この図像は、もともとは皇后のゾエの最初の結婚相手ロマノス3世によって寄進されましたが、ゾエは再婚を繰り返したため、その都度皇帝の顔の部分は作りなおされました。いま見ることができるのは最後の結婚相手、コンスタンティヌス9世の顔です。皇帝と皇后がキリストに捧げ物をしている様子が描かれています。1042年から1055年頃の作品です。

トルコの世界遺産「アヤソフィア博物館」黄金のモザイク画を徹底解説

『聖母子と皇帝ヨハネス2世コムネノス、皇后イリニ』

12世紀に作成された、コンスタンティノープルに残る唯一のモザイク画です。図像の配置は、側にある『キリストと皇帝コンスタンティヌス9世、皇后ゾエ』に影響を受けています。ヨハネス2世コムネノスは東ローマ皇帝のなかでも名君と評されています。1122年から1134年頃の作品です。

トルコの世界遺産「アヤソフィア博物館」黄金のモザイク画を徹底解説

『デイシス』

最も有名なのが1260年頃の作品、『デイシス』です。もともとは2階の回廊の壁面いっぱいに画かれたものという説がありますが、現在は下部がほとんど失われています。それ以前のモザイク画に比べてキリストの顔がより立体的に描かれているのが特徴です。また、南側の窓から入る光を効果的に利用するという工夫が施されているため、このモザイク画はビザンツ美術の最高傑作ともいわれているのです。一時はラテン帝国に奪われていたコンスタンティノープルを奪回したことを記念して作られたという説もありますが、詳細は不明のままです。

トルコの世界遺産「アヤソフィア博物館」黄金のモザイク画を徹底解説

おわりに

アヤソフィア博物館は知れば知るほど奥が深く、イスタンブールの歴史をより深く知るきっかけにもなります。時を経てもいまなお黄金に輝くモザイク画を見に、イスタンブールに足を運んでみてはいかがでしょうか。

トルコの世界遺産「アヤソフィア博物館」黄金のモザイク画を徹底解説
[All photos by (c)Zon]
Do not use images without permission.

 
アヤソフィア博物館
住所 Ayasofya Meydanı 1 34122 Cankurtaran İstanbul Turkey
HP http://ayasofyamuzesi.gov.tr/en

トルコの世界遺産「アヤソフィア博物館」黄金のモザイク画を徹底解説

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき