ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

王道と革新の異なるSTGが楽しめる、一粒で二度美味しい魅力が詰まった『VRITRA Complete Edition』

神々により施されたはずの封印が破られた。
それと共に姿を現した、天地を覆う悪意と恐れられる邪竜「ヴリトラ」。
ヴリトラ復活により、世界は邪悪なる生物と絶望に覆われ、朽ち果てようとしている。

宿敵の気配を感じた英雄神「インドラ」は宝具「ヴァジュラ」を抱え、下界へ向かう。
古より幾度となく繰り返された、神々の戦いの幕がここに開く。
vritra-ce-1

『VRITRA Complete Edition』は、神奈川県横浜市に拠点を構え、小規模デベロッパーとしての一面も持つ株式会社ネオトロが制作したWindows PC向けシューティングゲーム。2018年8月31日にPCゲーム配信プラットフォーム「Steam」にて配信された。

元はスマートフォン向けアプリとして配信されたシューティングゲーム『VRITRA』と『MUGEN VRITRA』の二作で、それらを一つにまとめた作品でもある。ただ一つにしただけでなく、ステージとヴァジュラ(オプション)の追加のほか、グラフィックの高解像度化も実施されており、まさに「Complete Edition」の名に相応しい豪華仕様となっている。

王道のシューティングゲームを徹底追及した『VRITRA』

内容はドラゴンこと「インドラ」を操作し、迫り来る敵を撃ち落としていく横スクロールのシューティングゲームだが、システム周りは『VRITRA』、『MUGEN VRITRA』それぞれで異なる。
vritra-ce-2

まず『VRITRA』から紹介すると、こちらは正統派のステージクリア型。連射可能な「ショット」、その補助を行う「ヴァジュラ」ことオプション、専用のゲージを消費して発射する「ブースト」の全三種類の攻撃を駆使して、全5ステージの攻略に挑む。

各ステージの流れもステージ最後に待ち構えるボスの撃破を目指すという王道のもの。シューティング熟練者は勿論のこと、初心者でも直感的に馴染める設計だ。
vritra-ce-3

また、これは後述の『MUGEN VRITRA』とも共通するが、本作ではダメージ制を採用していて、最大で三回までの被弾が許される。それ以上受けてしまうとミスとなり、残機が減って、やられたその場から復活する仕組みとなっている。

更にダメージを回復する手段は用意されていない。唯一、回復するのはステージをクリアして次のステージが始まった後か、ミスから復帰した後。ダメージ制という事で、ある程度の回避スキルが無くても遊べそうな印象を持つかもしれないが、実際は三回まで許されるなりに敵の攻撃は激しい。常に緊張感のある戦闘が繰り広げられることを重視したバランス調整が図られている。
vritra-ce-4

そんな分かりやすいシステム、手応えのあるゲームバランスが象徴する通り、往年のシューティングゲームの面白さが詰まった作りが魅力。直感的且つ簡単に楽しめながらも、クリアするには敵弾の回避と攻撃の使い分けが試される、「避けて撃つ」というジャンルの醍醐味をしっかり押さえた作り込みが光る内容に完成されている。

特に長すぎず短すぎずのボリュームで、敵、仕掛けの配置も適切、緩急もしっかりと付けたステージ構成にはその魅力が沢山詰まっている。ショット一撃で倒せる敵の集団を一網打尽にとする爽快感をプレイヤーに体験させつつ、一定のタイミングで簡単に倒せない強敵を出現させ、戦術の切り替えを試す。この一連の流れが5ステージ全てで徹底されていて、気持ちよくも確かな歯応えがあり、印象にも残る戦闘を堪能できる。
vritra-ce-5

宝具「ヴァジュラ」ことオプション、「ブースト」を駆使した立ち回りにも独特の戦術性がある。中でも「ヴァジュラ」は本作、通常攻撃であるショットを強化する手段が用意されていないので、どのヴァジュラを獲得するか否かでその後の難易度に変化が出る。後半のステージはそれが顕著で、プレイヤー自身の判断いかんで変化する展開というものを思い知らされるだろう。

「ブースト」もここぞというタイミングでの使用が求められるだけでなく、これで敵を倒さないとスコア倍率が上がらないという独自の仕様があるので、より高いスコアを目指す際には積極的な活用が求められる。更に専用ゲージを回復させる手段も独特で、通常攻撃のショットを撃ち続けなければならない。なので、タイミングによっては倍率を上げるチャンスをショット攻撃で潰してしまうことも起こり得るため、地味に難しい見極めが求められてくる。
vritra-ce-6

1 2 3次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。