ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

AnyPay、新投資会社「Harbourfront Capital」を設立し、インドのカーシェアプラットフォームに1億ドル以上の投資

中国やインドなどの新興国は、世界において存在感をますます増しつつある。日本企業としてはいついかに新興国へ進出するか、迅速な判断や対応が重要となってくる。

・AnyPay、新会社「Harbourfront Capital」を設立

AnyPay(エニーペイ)株式会社では、17年度より投資事業を立ち上げ、フィンテック・シェアリングエコノミー領域を中心に、国内外の技術革新が期待できる企業へ出資をおこなってきた。同社では、特に不動産や自動車分野のシェアリングエコノミーは収益性が高いと判断し、大きな投資機会と捉えている。

このたび、両分野の投資拡大をはかるべく、2018年10月に投資会社「Harbourfront Capital」(ハーバーフロントキャピタル)を設立した。主に国内外のシェアリングエコノミー、IoT等のデジタル領域に投資をおこなっていく意向だ。

・インドのカーシェアリングプラットフォーム「Drivezy」に1億ドル以上の投資

その第一弾として、インドのカーシェアリングプラットフォーム「Drivezy」上で運用される車両(自動車、バイク)へ今後3年間に渡り、1億米ドル(約110億円)以上を投資する計画だという。

「Drivezy」は2015年4月に設立され、Y Combinator,LLC.、Google Inc.、IT-Farm Corporation、DasCapital SG Pte.Ltd.など、有名VCから25億円以上を調達。

インドで、自動車・バイクの国内最大のシェアリングプラットフォームを運営している。プラットフォーム上で、車両オーナーが自身の保有する車両を掲載し、他ユーザーに貸し出すシェアリングサービスとなっている。現在は、8都市にてサービスを展開中で、月間利用者数は約4万人。

現在、インドの人口は加速度的に増加しており、モビリティへの需要も急速に拡大している。インド国内において、車両の保有世帯は富裕層等ごく一部に限られ、需要に対し貸し出す車両が不足している現状がある。この需給のギャップを解消するため、現地NBFCs(Non Banking Financial Company)と連携して、自動車とバイクを取得し、サービスに投入していくことを決定した。

急成長が期待できる新興国への大胆な投資。今後を注視したい。

AnyPay株式会社
PR TIMESリリース

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。