ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

注ぐだけで圧倒的SNS映え!  ボルスブランド世界初の“缶カクテル”がお披露目

年末年始のパーティーや忘年会。「まずはウェルカムドリンクで乾杯しましょう~!」と、いった際に、お洒落でちょっぴり気が利いたドリンクがあるといいですよね。

アサヒビールより、そんなシーンにぴったりの缶カクテル『BOLS Ready To Drink期間限定ブルーシトラス』(以下『BOLS ブルーシトラス』)、『BOLS Ready To Drink期間限定ビターカシス』(以下『BOLS ビターカシス』がファミリーマート限定にて11月27日より登場。11月21日に行われた発表会へ参加してきたので、ご紹介します。

『ボルス』とは?

『ボルス(BOLS)』は1575年創業、オランダ・アムステルダムに拠点を置く世界最古のリキュールメーカー。プロのバーテンダーと商品開発に取り組んでいるのが特徴で、その本格リキュールは世界110か国のバーテンダーに愛用されています。

美しいブルー色を筆頭に、様々な色とりどりのカラフルなリキュールをラインアップしているのが特徴。ライトに照らされたボトルは置いておくだけでも美しい~!

バーテンダーの技がキラリ! 本気のカクテル『ボルス・ジ・オリジン』

発表会の会場ではボルスのリキュールを使った本格的なカクテルをバーテンダーの方が作るシーンも。

カクテルレシピは、ボルスブルーにカルダモンスプレーでスパイスの香りづけ、パイナップルジュースを注いで……とプロのバーテンダーの織り成すワザにうっとり。カクテルは『ボルス・ジ・オリジン』というネーミングだそう。

【動画】本格派リキュール『ボルス』を使ったカクテル 『ボルス・ジ・オリジン』レシピ(YouTube)
https://youtu.be/JEKUlgDI75E

注ぐだけで圧倒的にSNS映え! 『BOLS ブルーシトラス』と『BOLS ビターカシス』

今回、そんな本格リキュールを使ったカクテルがRTDになって商品化。缶カクテル『BOLS ブルーシトラス』、『BOLS ビターカシス』は、グラスに注ぐだけでカクテルが完成してしまいます。

カクテルはやっぱりバーでなくては難しそう……という気持ちがあっという間に翻される手軽さ。これは嬉しい!

『BOLS ブルーシトラス』は、ブルーキュラソーの『ボルスブルー』を一部使用したカクテル。オレンジピールのほろ苦さと、グレープフルーツやトロピカルフルーツの甘酸っぱさが組み合わさった、バランスの良い味わい。

『BOLS ビターカシス』は、カシスリキュールの『ボルス クレーム・ド・カシス』を一部使用したカクテル。甘すぎないすっきりとした飲み口が特徴。

RTDとは思えない本格カクテル

今回、缶カクテルと知らずに「ウェルカムドリンクですよ~」と『BOLS ビターカシス』を提供されたのですが、筆者は缶カクテルであったことにまったく気づかず! 

バーテンダーの方のカクテルと思っていました。甘すぎないサッパリとした果実感は缶でありながら、その場での手作りカクテルだと思ってしまうほど。

クリスマスや忘年会といったシーンに最適なカクテル。ぜひ試してみてはいかが。

ボルスの缶カクテル『BOLS Ready To Drink期間限定ブルーシトラス』、『BOLS Ready To Drink期間限定ビターカシス』は11月27日よりファミリーマートにて期間限定登場です。

『ボルス』ブランドサイト
https://www.asahibeer.co.jp/enjoy/liquorworld/brand/bols/

商品概要

商品名:BOLS Ready To Drink 期間限定ブルーシトラス
商品名:BOLS Ready To Drink 期間限定ビターカシス
品目: リキュール(発泡性)①
発売品種:缶350ml
アルコール分:5%
果汁含有量:6%
発売日:11月27日(火)
取扱店:「ファミリーマート」の酒類取扱店

erini (エリーニ)の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。