ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

幾原邦彦監督アニメ『さらざんまい』は「カッパがいそうな浅草を舞台に少年たちがつながり合う作品」AGF2018ステージレポ

『少女革命ウテナ』『輪るピングドラム』『ユリ熊嵐』など数々のヒット作を生み出している幾原邦彦監督の新作オリジナルTVアニメ『さらざんまい』が2019年4月よりフジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送。

11月11日の『アニメイトガールズフェスティバル2018』(AGF2018)で実施されたスペシャルステージで、あらすじとキャラクター設定を初解禁! そして、声優の諏訪部順一さん、幾原邦彦監督が登壇し、謎めいた作品内容について語られました。イベントでは、少年役のメインキャストからのビデオメッセージも!

『さらざんまい』イントロダクション
舞台は浅草。
中学2年生の矢逆一稀、久慈悠、陣内燕太の3人はある日、謎のカッパ型生命体“ケッピ”に出会い、無理やり尻子玉を奪われカッパに変身させられてしまう。
『元の姿に戻りたければ“ある方法”でつながり、ゾンビの尻子玉を持ってこい』ケッピにそう告げられる3人。
少年たちはつながりあい、ゾンビの尻子玉を奪うことができるのか?!
同じ頃、新星玲央と阿久津真武が勤務する交番でも何かが起ころうとしていたー。

・矢逆 一稀 やさか かずき(CV:村瀬歩)
中学2年生。かつてはサッカーが好きな明るい少年だったが、今は「あること」に夢中である。

・久慈 悠 くじ とおい(CV:内山昂輝)
一稀のクラスに転校してきた少年。悪い噂があり、クラスでも孤立している。

・陣内 燕太 じんない えんた(CV:堀江瞬)
一稀の幼馴染。一稀がサッカー部にいたころ、2人は“ゴールデンコンビ”だった。

・ケッピ(CV:諏訪部順一)
カッパ王国第1王位継承者を自称する謎のカッパ型生命体。人間の尻子玉を抜いてカッパにしてしまう。

・新星 玲央 にいぼし れお(CV:宮野真守)
交番に勤務する警官で真武の相棒。

・阿久津 真武 あくつ まぶ(CV:細谷佳正)
交番に勤務する警官で玲央の相棒。

作品のテーマは「つながり」

諏訪部さんから「個性の塊みたいな人」と表現されるほど、独特の世界観を持つ幾原監督。「ここに居て良いのかな」と思うようなキャラクターや異物が好きで、「そのギャップが生み出す空気が好き」と語ります。

そんな幾原監督が手がける今作のテーマは「つながり」。

幾原監督:今は、スマホでいろんなアプリを使って、つながりが日常的になっている時代で、それが何を意味しているのか、どうしたいのか、そういったところが作品のテーマになっています。つながりたいという欲求と、つながりがうっとおしいという気持ちが混在している。それが現代だと思うんですよ。そのままつながっていたらどこに行くのか、つながりを失ったらどうなるのか、つながりが必要なのか必要じゃないのかを描いてみたかったんです。

浅草が舞台のカッパの作品を作りたかった

幾原監督:実は、カッパの作品をつくろうと思ったのが先にありました。カッパで企画を作っていて、いろんなカッパ伝説を調べる中で浅草にたどり着きました。浅草の昔からの風景と現在が混在するなかで、ここならカッパがいるんじゃないかと思って。隅田川があるという環境もあり、命を感じる場所で、少年たちがつながり合う作品にしたかった。

諏訪部:浅草は子供の頃から行くことが多かったです。よく浅草界隈で映画を観たりしていました。ボーリングでパーフェクトみたいなスコアを出したことや、花やしきもよく行きましたし、馴染みのある場所ですね。観たことある風景ばかりなので、場所の設定だけでもときめきました。

今作で諏訪部さんが演じるのは、カッパ型生命体の「ケッピ」。幾原監督が最初から諏訪部さんに声を担当してほしいと考えていたそうで、「ケッピ」の発音は前が上がるのではなく、「カッパ」と同じアクセント。そして、幾原監督はアフレコ前に「今回はNGなしでお願いします!」と諏訪部さんに頼んだと言い、“限界を突破したNGのない諏訪部順一”が見れます、と期待を煽りました。

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき