ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

老化物質「AGE」って何?!AGEを避ける調理方法もご紹介します!

「AGE(エージーイー)」って一体何?!

「AGE(エージーイー)」って一体何?!

「AGE(エージーイー)」って、聞いたことありますか?

「AGE」とは、タンパク質が糖化してできた最終産物のことです。

「AGE」は老化の原因物質として考えられています。
この「AGE」が皮膚にたまってくると、肌はハリを失い、「たるみ」や「しわ」などにつながるそうです。
また、体の中にたまることで、動脈硬化やガンにつながるともいわれています。

「AGE」が体の中にたまる原因は2つあります。

1つ目は、血糖値が高いこと。血糖値が上がると、「タンパク質」に糖が結び付き、体内で「AGE」ができます。
血糖値を高くしない食生活にすること、糖質過剰の食生活をやめることが大事なんですね。

2つ目は、食事から「AGE」を摂取することです。
「AGE」を多く含む食事を食べている人ほど、体に「AGE」がたまっているそうです。

AGEってどんな料理に多いの?

AGEってどんな料理に多いの?

「AGE」は、タンパク質が糖や脂肪と一緒に高熱で加熱された時に作られます。
「AGE」が含まれているかどうかの見分け方は、「茶色のコゲ」!

揚げ物や、焼き肉、フライドポテト、こんがり焼いたホットケーキなどには「AGE」が多く含まれています。

【生→蒸す・ゆでる→煮る→炒める→焼く→揚げる】
この調理方法の順番で「AGE」は増えていきます。

食材よりも、調理の仕方が影響することを覚えておきましょう。

AGEを増やさないようにするポイントを知りたい!

AGEを増やさないようにするポイントを知りたい!

AGEを増やさないようにするには、どういうことに気を付けるべきなのでしょうか。

・低温蒸し料理を増やす
生食が一番いいのですが、ゆでたり、蒸したりするのも、AGE
をおさえられます。
ただし、電子レンジで蒸すと高温になるので、温野菜サラダを作るときは、蒸し器や鍋を使って蒸すのがおすすめです。

・炒め物料理を蒸し焼きにする
肉などを炒めるときは、途中でふたをして蒸し焼きにするだけで「AGE」をぐっとおさえることができます。

・パンは焼かずに食べる
焼き目をつけることで「AGE」が増えます。

・コロッケや鶏肉のから揚げなどは「揚げないレシピ」を参考に作る
揚げ物を「揚げないレシピ」で作ることで、手間もはぶけ、AGEもおさえることができます。

・二度揚げはしない

・肉や魚、炭水化物を焦げ付かせない

いかがでしょうか?

「絶対に揚げ料理や焼き料理はダメ!」ということではありません。揚げ料理や焼き料理を少し減らし、かわりにカルパッチョなど生鮮食品を増やすなど、自分ができる範囲で工夫して「AGE」を減らしてみてください。

AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy