ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • ハリウッド業界、映画芸術科学アカデミー会員の多様性強化への動きに反応
  • 惑星を描いてディズニー・ワールドに行こう! 映画『ジョン・カーター』絵画コンクール
  • 『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』日本語吹替声優・森川智之&山路和弘がモンスター映画の魅力を語る!
  • 『ブラックパンサー』日本版ポスターが公開 東京コミコンでオリジナルステッカーが配布されるぞ!
  • 【動画】映画『グランド・イリュージョン』続編、ダニエル・ラドクリフが出演する予告映像を公開
  • 【インタビュー】デイジー・リドリー、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のレイ役を語る
  • 【独占映像】『キングスマン』の“スパイガジェット”がカッコ良すぎる! マシュー監督の美術へのこだわり
  • 【独占記事】ジョン・クラシンスキー、J・J・エイブラムスがプロデュースするSFスリラー映画『God Particle(原題)』に出演交渉中
  • 『俳優 亀岡拓次』横浜聡子監督インタビュー「人って人生の30年か40年くらい妄想に時間を費やしている」
  • レブロン・ジェームズ、NBAドラフトで指名選手のふりをするコメディ映画を開発中
  • 【独占】上手に人間焼けました! 『エビデンス-全滅-』追加写真公開&遺伝子ガクガク割引スタート
  • 【動画】ピクサーによる最新アニメーション映画『COCO(原題)』、音楽と魔法が融合したファースト・トレーラーが公開
  • ケネディ暗殺事件に新たな証言? トム・ハンクス製作の群像劇『パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間』
  • 会社説明会で自社が舞台の映画を就活生に先行上映『東京PRウーマン』
  • Amazon Prime Video新着ラインアップ(2018.11.20版) 京アニ作品『AIR』『Kanon』『CLANNAD』が見放題
  • クールな忍びの佐藤健・お殿様なハセヒロ・ 俺様サムライな森山未來……『サムライマラソン』は個性派イケメンの宝庫!

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

老化物質「AGE」って何?!AGEを避ける調理方法もご紹介します!

「AGE(エージーイー)」って一体何?!

「AGE(エージーイー)」って一体何?!

「AGE(エージーイー)」って、聞いたことありますか?

「AGE」とは、タンパク質が糖化してできた最終産物のことです。

「AGE」は老化の原因物質として考えられています。
この「AGE」が皮膚にたまってくると、肌はハリを失い、「たるみ」や「しわ」などにつながるそうです。
また、体の中にたまることで、動脈硬化やガンにつながるともいわれています。

「AGE」が体の中にたまる原因は2つあります。

1つ目は、血糖値が高いこと。血糖値が上がると、「タンパク質」に糖が結び付き、体内で「AGE」ができます。
血糖値を高くしない食生活にすること、糖質過剰の食生活をやめることが大事なんですね。

2つ目は、食事から「AGE」を摂取することです。
「AGE」を多く含む食事を食べている人ほど、体に「AGE」がたまっているそうです。

AGEってどんな料理に多いの?

AGEってどんな料理に多いの?

「AGE」は、タンパク質が糖や脂肪と一緒に高熱で加熱された時に作られます。
「AGE」が含まれているかどうかの見分け方は、「茶色のコゲ」!

揚げ物や、焼き肉、フライドポテト、こんがり焼いたホットケーキなどには「AGE」が多く含まれています。

【生→蒸す・ゆでる→煮る→炒める→焼く→揚げる】
この調理方法の順番で「AGE」は増えていきます。

食材よりも、調理の仕方が影響することを覚えておきましょう。

AGEを増やさないようにするポイントを知りたい!

AGEを増やさないようにするポイントを知りたい!

AGEを増やさないようにするには、どういうことに気を付けるべきなのでしょうか。

・低温蒸し料理を増やす
生食が一番いいのですが、ゆでたり、蒸したりするのも、AGE
をおさえられます。
ただし、電子レンジで蒸すと高温になるので、温野菜サラダを作るときは、蒸し器や鍋を使って蒸すのがおすすめです。

・炒め物料理を蒸し焼きにする
肉などを炒めるときは、途中でふたをして蒸し焼きにするだけで「AGE」をぐっとおさえることができます。

・パンは焼かずに食べる
焼き目をつけることで「AGE」が増えます。

・コロッケや鶏肉のから揚げなどは「揚げないレシピ」を参考に作る
揚げ物を「揚げないレシピ」で作ることで、手間もはぶけ、AGEもおさえることができます。

・二度揚げはしない

・肉や魚、炭水化物を焦げ付かせない

いかがでしょうか?

「絶対に揚げ料理や焼き料理はダメ!」ということではありません。揚げ料理や焼き料理を少し減らし、かわりにカルパッチョなど生鮮食品を増やすなど、自分ができる範囲で工夫して「AGE」を減らしてみてください。

AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。