ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

松本人志さん、指原莉乃さんら『イッテQ』やらせ疑惑にふれ「大輔かわいそう」

11月11日放送の情報バラエティ番組『ワイドナショー』(フジテレビ)で『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ)がラオスに“橋祭り”なる祭りがあるとねつ造した疑惑について取り上げた。

コメンテーターの松本人志さんは開口一番

「ちょっとかわいそうなのはニュースになった時に写真で大輔が使われたりするのがね、ちょっとやっぱりかわいそうかなと思いますよね。」

と『イッテQ』お祭り企画のレギュラーとして矢面に立たされている後輩芸人の宮川大輔さんの立場を擁護。

続けて

「こういう問題が出た時よく”バラエティはそもそもやらせだから”みたいに言うじゃないですか。その考え方も僕は実は嫌いで……けっこうガチもやってるからね。」

「その国の人にしたらそんな祭りやってないのに毎年やってるって言われるのは……日本人がもしそれをやられたら多少気持ちがよくないっていうのはわかります。」

と世間で沸き上がっている批判に対して自らの意見を披露した。

同じくコメンテーターの指原莉乃さんも

「もし自分が出てる側でロケしてる側だったら絶対にそれが実際に行われていた祭りかどうかなんてわからないじゃないですか。だけど突撃(取材)されるのは大輔さんじゃないですか。そんな突撃されてもこっちも今それ知ってびっくりだしって話じゃないですか。ちょっとかわいそうです。」

と松本さん同様に大輔さんの置かれている立場に同情する意見だった。

Twitter上でもこの疑惑について数多くの意見が噴出しているが、

「写真を使われちゃうのはかわいそうだね。ラオス側も全てを正直には言わないだろうし、日本の制作側は少し適当にやった感じがする」

「タレントがスポンサーや局の意向に従うのなんて当たり前だろーが仕事なんだから。ヤラセがバレた時に日本テレビやイッテQの制作陣がタレント守らないことに腹が立つ。いい加減トカゲの尻尾斬りみたいな風習辞めたら?」

「バラエティのヤラセなんて今に始まったことじゃないし、ヤラセだろうがなんだろうが、テレビは面白ければそれでいいと思ってるから、今回のヤラセがどうたらとかどうでもいい。 ただ、私が疑問なのは、なんで宮川大輔が謝ってんの??? 悪いのテレビ局でしょ???!」

などおおむね大輔さんに同情的なもの。

報道する側からすればこの疑惑を取り上げるにあたって大輔さんの姿は欠かせない素材だが、大輔さんは制作陣の指示にしたがって現地ロケに参加したいちタレントにすぎない。

大輔さんがねつ造を知ってあえて番組に参加していたなら責められるのも致し方ないが、それも定かでない状態で連帯責任を求めるのはあまりに酷な話だ。

※画像は『世界の果てまでイッテQ!』公式サイトから引用しました
http://www.ntv.co.jp/q/oa/20180819/01.html

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 中将タカノリ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき