ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本を代表する国際インテリア見本市「IFFT / インテリア ライフスタイル リビング」が一部会場を一般公開!

ifft-2018_001

2018年11月14日(水)から16日(金)までの3日間、東京・有明の「東京ビッグサイト 西 1・2 ホール+アトリウム」にてインテリアとデザインの国際見本市「IFFT / インテリア ライフスタイル リビング 2018」が開催されます。

家具をはじめキッチン・テーブルウェア、テキスタイル、ジュエリー、フードなど400社以上の新製品が集まり、各国のバイヤーなどライフスタイル関連の小売業者が商談に訪れます。プロ向けのイベントですが、今回初めてアトリウムスペースが一般にも無料で公開されるそう。

アトリウムはデザインマーケットの今後を展望するIFFT/ILLの顔とも言える場。今年は「日本仕事百貨」代表のナカムラケンタ氏をディレクターに迎えた「はじまりの仕事展」が企画されています。

「はじまりの仕事展」ではIFFT/ILL出展者の中からナカムラ氏が84製品をピックアップ。それぞれの「はじまりのストーリー」を独自の視点で編集、導き出した言葉を大小様々なボックス什器に載せて紹介。また各ボックスには、カードが設置されているので来場者は気にいったカードを手にとりブースを巡ることができます。

そのほかアトリウムでは、スマイルズ代表・遠山正道氏やデザイナー・ハッリ・コスキネン氏など国内外で活躍するクリエイターや有識者を招いてのトークショーが行われる「LIFESTYLE SALON 2018」や高感度なカフェスペースも登場。リアルな新製品とトップランナーの考えに触れることのできる場となりそうです。

受付申請を行えば当日入場可能。開場時間は10:00から18:00まで。最終日のみ17:00までとなっています。

ifft-2018_002

IFFT / インテリア ライフスタイル リビング 2018

会期:2018年11月14日(水)~11月16日(金)10:00~18:00 ※最終日~17:00

会場:東京ビッグサイト 西 1・2 ホール+アトリウム/東京都江東区有明3-11-1

入場料:2000円(招待状持参者およびウェブ来場事前登録者は無料)

※アトリウム内入場無料

詳細:http://www.ifft-interiorlifestyleliving.com/2018/lp/

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

約20年ぶりの本格回顧展「アルヴァ・アアルトーもうひとつの自然」開催中、その後全国巡回も
浅草に2日間だけオープンする小さな「浅草ライヲン百貨店」、2018年秋は37組が出店
新エリアも登場! 古き良きものが集う「第14回東京蚤の市」秋空のもと開催

TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。