ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

約20年ぶりの本格回顧展「アルヴァ・アアルトーもうひとつの自然」開催中、その後全国巡回も

alvaraalto-secondnature_001 アトリエのアアルト 1945年

Aalto in his studio, 1945

(c)Alvar Aalto Museum

Photo:Eino Makinen

アルヴァ・アアルト生誕120周年

2018年11月25日(日)まで、神奈川・葉山の「神奈川県立近代美術館」にて「アルヴァ・アアルトーもうひとつの自然」展が開催されています。

生誕120周年を迎えるフィンランドの建築家・Alvar Aalto(アルヴァ・アアルト)の回顧展。ヴィトラ・デザイン・ミュージアムとアルヴァ・アアルト美術館が共同企画したもので、ドイツから始まりスペイン、デンマーク、フィンランド、フランスで開催されたのち、日本へ巡回してきました。

国内で本格的なアアルトの回顧展が開催されるのは約20年ぶり。オリジナルの図面や家具、照明、ガラス器、建築模型など豊富な資料でアアルトの生涯と作品を辿ります。フィンランドの豊かな自然からインスパイアされたという従来の解釈に加え、同時代の芸術家たちとの対話へも焦点を当て、アアルトを読み解く新たな視点を提示しているそう。

アルテックとイッタラによる特設コーナー「アアルトルーム / Aalto Room」が登場し、アアルトのパネルとの記念撮影や、インテリアスタイリスト黒田美津子のスタイリングの中でアアルトがデザインしたスツールや椅子に実際に座れるコーナー、シールを使ったポストカード作りのワークショップなどが企画されています。

2018年12月からは名古屋、東京、青森へも巡回するので是非お近くの会場へ足を運んでみてください。

alvaraalto-secondnature_002 アルヴァ・アアルト《ルイ・カレ邸》リビング・ルーム 1956-1959年 バゾシュ=シュル=ギヨンヌ(フランス)

Living Room, Maison Louis Carre, Bazoches-sur-Guyonne, France, Alvar Aalto, 1956-1961

(c)Alvar Aalto Museum

Photo:Heikki Havas

alvaraalto-secondnature_003 アルヴァ・アアルト《ヴィープリ(ヴィーボルク)市立図書館》1927-1935年 カレリア(現ロシア)

Viipuri (Vyborg) City Library, Vyborg, Karelia (today Russia), Alvar Aalto, 1927-1935

(c)Alvar Aalto Museum

Photo:Gustaf Welin

alvaraalto-secondnature_004 左:アルヴァ・アアルト《スツール 60》1933年

Stool 60, Alvar Aalto, 1933

(c)Vitra Design Museum

Photo:Jurgen Hans

右:アルヴァ・アアルト《ペンダント・ランプ A331 ビーハイヴ(ハチの巣)》1953年

Pendant Lamp A331, “Beehive,” Alvar Aalto, 1953

(c)Vitra Design Museum

Photo:Andreas Jung

alvaraalto-secondnature_005 左: アルヴァ・アアルト《ニューヨーク万国博覧会フィンランド館》1939年

Finnish pavilion, World’s Fair, New York, 1939

(c)Alvar Aalto Museum, Esto Photographics

Photo:Ezra Stoller/ Esto Photographics Inc.

右:アルヴァ・アアルト《サヴォイ・ベース》1936年

Savoy Vase, Alvar Aalto, 1936

(c)Vitra Design Museum, Alexander von Vegesack

alvaraalto-secondnature_006 アルヴァ・アアルト《ティー・トロリー 900》1937年

Tea Trolley No 900, Alvar Aalto, 1937

(c)Vitra Design Museum

Photo:Jurgen Hans

アルヴァ・アアルトーもうひとつの自然

会期:2018年9月15日(土)~11月25日(日) 9:30~17:00 ※入館16:30まで

会場:神奈川県立近代美術館 葉山 第2・3展示室/神奈川県三浦郡葉山町一色2208-1

観覧料:一般1200円、20歳未満・学生1050円、65歳以上600円、高校生100円

会場内イベント:

▽アアルトルーム / Aalto Room

アアルトのデザインを実際に体験できる特設コーナー。代表的なスツールやテーブル、アームチェアが並び、実際に座って見ることができます。

会期:2018年9月15日(土)~11月25日(日) 9:30~17:00 ※入館16:30まで

会場:神奈川県立近代美術館 葉山 第3展示室(海側)

▽アルヴァ・アアルトと記念撮影

アルテックのテーブルで作業するアアルトのパネルの隣に座り、記念撮影ができます。

会期:2018年9月15日(土)~11月25日(日)

▽instagramフォトコンテスト

お好きな家具やコーディネイトなどの写真を撮ってinstagramに投稿すると会期終了後当選者にプレゼント

会期:2018年9月15日(土)~11月25日(日)

ハッシュタグ: #alvaraaltosecondnature

▽自分だけのアアルトルームを作ろう

ポストカードに「スツール 60」や「41 アームチェア パイミオ」、アアルトベースなどのシールを貼ってスタイリングするワークショップ

会期:2018年9月15日(土)~11月25日(日) ※11月3日(月)を除く

会場:「アアルトルーム / Aalto Room」内のワークショプスペース

▽巡廻予定 2018年12月8日(土)~2019年2月3日(日) 名古屋市美術館/愛知県名古屋市中区栄2-17-25

2019年2月16日(土)~4月14日(日) 東京ステーションギャラリー/東京都千代田区丸の内1-9-1

2019年4月27日(土)~6月23日(日) 青森県立美術館/青森県青森市安田近野185

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

浅草に2日間だけオープンする小さな「浅草ライヲン百貨店」、2018年秋は37組が出店
新エリアも登場! 古き良きものが集う「第14回東京蚤の市」秋空のもと開催
37年の集大成、家具工房5者による共同展「木の家具展」が最後の開催

TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。