ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日焼け後のケアは秋がオススメ! 正しいケアで美白肌を取り戻そう!

日焼けした肌の正しいケア方法は?

日焼けした肌の正しいケア方法は?

もうすっかり秋になりましたが、室内にいても日焼けすることがありますよね。
日焼けしたときは、冷やすケアを一番に行いましょう。日焼けは肌がやけどをしている状態なので、まずはほてりを取り、肌を落ち着かせます。

ほてりが取れ、肌の赤みが引いてきたら、たっぷりと保湿します。肌が脱水症状を起こしているので、普段のスキンケアよりも丁寧に、たっぷりと保湿をしましょう。

肌の代謝を早めるために、ピーリングやスクラブといったケアを取り入れるのもオススメですが、
肌を傷つけてしまう恐れがあるため、肌の弱いかたは皮膚科の先生に相談のうえで行ってください。

美白に効く食べ物は? 摂り方のコツをご紹介

美白に効く食べ物は? 摂り方のコツをご紹介

身体の内側からのケアとして、シミ予防や美白効果を期待できる栄養素をご紹介します。

ビタミンC

美白に効果があるといわれているのが、ビタミンCです。
シミや肌のくすみのもととなるメラニンの生成を抑える働きがあるとされていて、レモンやオレンジなどの柑橘系、キウイ・アセロラ・パプリカ・パセリにも含まれています。

ビタミンCは熱に弱く、水に流れやすいので、加熱をせずに複数回に分けて摂取することをおすすめします。

ただ、レモンやオレンジに含まれている「ソラレン」は、摂取すると紫外線を吸収しやすくなるといわれているため、日中に食べるのは避けた方が良いかもしれません。

シミ知らずの肌へ

シミ知らずの肌へ

日焼け止めを、夏だけでなく一年を通して塗るようにすると、日焼けやシミの予防につながります。

ダメージを修復してくれる美白化粧品を毎晩しっかり使うようにし、外出時にはしっかりと日傘をさし、サングラスをかけて目への紫外線をカットしたりして、日常的なケアで肌を守っていきましょう。

AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。