ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

交通機動隊パトカーで同じ車種でも違う部分は?

交通機動隊パトカーで同じ車種でも違う部分は?

警察の交通部門を担当する交通課の中でも、違反車を取り締まるための執行部隊となるのが「交通機動隊(交機)」と「高速道路交通警察隊(高速隊)」です。白黒パトカーや白バイ、覆面パトカーを用いて、速度違反などを取り締まります。彼らが取り締まりに使うパトカーについて詳しく見ていきましょう。

交通機動隊のパトカーは中身が違う

交通機動隊と高速隊は、街中を巡回する「警らパトカー」とは違って「交通パトカー」を使用しています。白黒パトカーの車種はクラウンが多く見られますが、交通パトカーと警らパトカーでは中身が全く違っているのです。

例えば、全国に多数配備された200系クラウンの場合、同じロイヤルがベースになっていても交通機動隊の交通パトカーは3,000ccのハイパワーモデル。警らパトカーは2,500ccの廉価版です。

さらに、2016年ごろから配備の始まった210系クラウンに至っては、ロイヤルに2,500ccまでの設定しかないため、交通パトカーには3,500ccの設定のあるクラウンアスリートを採用しているのです。

交通機動隊のパトカーを見分ける

このため、210系クラウンの交通パトカーは排気量がアップしただけでなく、警らパトカーとは外観が大きく違っています。特に稲妻型のフロントグリルは攻撃的な印象。しかも、前面警光灯の取り付け位置が覆面パトカー仕様と同じグリル内になっているのです。

交通機動隊や高速隊には覆面パトカーも在籍します。こちらも車種としてはクラウンがよく見られますが、200系クラウンは白黒パトカー同様に3,000ccのハイパワー。210系クラウンも白黒パトカーと同じくアスリートが採用されているため、3,000ccから3,500ccに性能がアップしています。

このため、交通機動隊や高速隊の交通パトカーは、乗務員の運転技量と相まってスピード取り締まりで猛威を奮うというわけ。交通機動隊と高速隊のパトカーを見分ける眼力を持っておいて損はないでしょう。

特に白黒パトカーなら、赤色灯がルーフに直接載っていれば交通パトカー、白いボックスの上に乗っているなら警らパトカーと見分けることができます。

関連記事リンク(外部サイト)

白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
覆面パトカーの見分け方「ユーロアンテナ」とは

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。