ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新世代UKジャズ・シーンから現れた期待の新星、マイシャ、デビュー・アルバム『There Is A Place』が本日リリース

新世代UKジャズ・シーンから現れた期待の新星、マイシャ、デビュー・アルバム『There Is A Place』が本日リリース

リーダーのジェイク・ロング、そして女性版カマシ・ワシントンとして新世代ジャズ・シーンをリードするサックス奏者、ヌビア・ガルシアを擁するこの6人組は、スピリチュアルジャズの伝統に斬新な観点を持ち込み、今最も注目を集めるジャズ・バンドへと急成長しているマイシャ。

そんな彼らのデビュー・アルバム『There Is A Place』が、本日リリースされた。

注目の新星である彼らは、シャバカ・ハッチングス、ジョー・アーモン・ジョーンズ、エズラ・コレクティヴも参加し、盛り上がりを見せるUKジャズ・シーンの “今” を見事に捉えた名盤コンピとして話題を呼んだ『We Out Here』の1曲目を飾っていて、今回のアルバムにも期待が高まる。

マイシャは偉大なるジャズの歴史を再評価し、ファラオ・サンダースのような巨匠とも交流しながら、ジャズからアフロビートにまでおよぶ広範囲の音楽的手法を通して、自分たちのスタイルを築き上げていく。それは、恍惚を誘うリズム、プレイヤー同士の本能的な音楽のやりとり、深く凝縮されたメロディアスなフレーズに基づくものであり、まさに同世代の他のバンドにはない、唯一無二のサウンドとクオリティーがここにある。 (内)

【リリース情報】
label : Brownswood / Beat Records
artist : Maisha
title : This is a Place

cat no. : BRC-585
release date : 2018年11月9日 FRI ON SALE

『There Is A Place』のハイレゾ音源をOTOTOYで購入
https://ototoy.jp/_/default/p/145152

エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。