ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オーストリアのウィーンで気軽につまむストリートフード10選

213037-1

ウィーンは歩いて楽しめる街!

オーストリアの首都ウィーンのストリートで楽しめる食べ物をご紹介します。ウィーンの中心部は比較的狭い地域で、高低差がないのでどこにでも歩いて行ける距離。自分の街のように歩き回って、歴史的な建物を見たり、ショッピングを楽しんだり、アートを鑑賞したりと、気ままに過ごせます。

歩き回ればもちろんおなかもすくということで、気軽に食べられるストリートフードのおすすめはこちら。

地元の客と一緒にオープンサンド!|トゥルツェスニエフスキー

213037-2
こちらのオープンサンド、幅3㎝長さ6㎝ほどのかわいいサイズ。このビールも180㏄入り。実はこのお店「トゥルツェスニエフスキー」は屋台ではないのですが、中がほぼスタンディングなのと、どうしてもご紹介したかったメニューがあるのです。

213037-3
そのメニューがこちらのオープンサンド。ここにあるだけで26種。サーモン、ニシン、イワシ、鶏肉、レバー、ベーコン、ハム、サラミ、豆、ホースラディッシュ、タマゴなどなど、どれもおいしそう。

213037-4
問題はちょっと入りにくい雰囲気。でも思い切って入ってしまえば、かなりフレンドリーなので心配いりません。1ピース1.3ユーロからです。

213037-5
お店に入れば、上の画像付きのメニューもありますし、ケースの中には色とりどりに並んでいるので、指差しオーダーでOKです。

213037-6
こちらがちょっとしたイートインのスペース。入店して、注文して、サクッと食べて、帰るといった流れになります。地元の人たちなら10分もいないかも。小腹を満たすには、量も調整できるのでとっても便利です。
 
TRZESHNIEWSKI
Dorotheergasse 1, 1010 Wien
+43 1 5123291
月-金 8:30~19:30
土 9:00~18:00
日 10:00~17:00
https://www.trzesniewski.at/

やっぱり定番ソーセージ!|町中にあります。

213037-7
街を歩いていると、あっちこっちにあるのがホットドッグスタンド。朝から夜遅くまで開いています。

213037-8
覗いてみるとおいしそうなソーセージが焼けています。

213037-9
窓口で注文して支払います。

213037-10
そうするとソーセージを切り分けてくれます。

213037-11
これをたっぷりのマスタードといっしょに。黒パンと普通のパンを付けることもできます。

213037-12
こちら、夜11時過ぎのトラム乗り場そばのソーセージスタンド。

213037-13
ソーセージスタンドはビールなどもあって、ちょっとのどが渇いても、夜中にちょっとおなかが減っても頼りになります。

ファラフェルやケバブも!|こちらもあちこちに。

213037-14
トルコからの移民も多いオーストリアですが、ケバブのスタンドも多いんです。おなじみのケバブをピタパンに包んだものや、ひよこ豆のお団子を揚げたファラフェルなど、中東のファーストフードです。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。