ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ポケットサイズ!デュアルディスプレイと物理キーを搭載したPCライクなスマホ「Cosmo Communicator」

過去、物理キー搭載のPCライクなAndroidスマホ「Gemini PDA」がIndiegogoで登場し、多くの注目を集めた。先日、その後継機となる新型「Cosmo Communicator」がIndiegogoに登場し、瞬く間に目標金額を達成した。

さて、どうグレードアップしているのだろうか?

・セカンドディスプレイで通知を確認

まず、Cosmo Communicatorの表には2インチのタッチパネル式ディスプレイが搭載されることとなった。ここで電話をかけてきた相手を確認したり、アプリの通知を確認することが可能だ。

チップはMediaTek P70で、GPUはARM Mali G72 MP3(800MHz)、RAMは6GB、ストレージは128GBというスペックだ。OSはAndroid 9 Pieを採用しており、Linuxを走らせることも可能だ。さらにメインカメラは2400万画素。NFCが搭載されているのも嬉しい。

・バックライト付き物理キーを搭載

本体サイズは17.14(W)×7.93cm(D)×1.6(H)cmと大変小型で、もちろん物理キーも搭載されている。しかもバックライトがつく仕様なので、今まで以上に暗闇でのテキスト入力がはかどることだろう。

メインディスプレイは約6インチなので、普段のデスクワークをCosmo Commnicatorでこなすのはあまり現実的ではないが、カフェや新幹線の中などでサクッと簡単な作業をするにはピッタリのデバイスではないだろうか?

Cosmo Communicatorは今なら1台549ドル(約6万2130円)で、発送は2019年5月頃を予定している。

執筆:Doga

Cosmo Communicator/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy