ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

キャンピングカーで #オーストラリア東海岸1500kmの旅 をしてきます

2017年秋のアメリカ横断、2018年夏のユーラシア大陸横断に続いて、秋はオーストラリア大陸の東海岸を1500kmほどキャンピングカーで旅してきます。TwitterやInstagramで使うハッシュタグは #オーストラリア東海岸1500kmの旅 です。

 

オーストラリア1500kmのルート

東京→ブリスベン→ゴールドコースト→バイロンベイ→シドニー→キャンベラ→シドニー→タスマニア島→メルボルン→東京

 

細かいルートは変わるかもしれませんが、キャンピングカーでブリスベンを出発してオーストラリアの東海岸、クイーンズランド州を南に走ります。ゴールドコーストを超えたあたりで、ニューサウスウェールズ州に入り、バイロンベイへ。

そのまま南下を続けて、一度シドニーを通り越してオーストラリアの首都キャンベラがゴールです。その後、キャンピングカーとフライトの都合でシドニーまでちょこっと戻ってキャンピングカーを返却。そこから飛行機でタスマニア島のホバートに飛んで、最後はメルボルンで旅を終えます。

1500kmはブリスベンからキャンベラでゴールして、シドニーでキャンピングカーを返却するまでの距離です。

 

東京からカンタス航空で9時間かけてブリスベンへ

東京からカンタス航空で9時間かけてブリスベンへ

今回のスポンサーであるカンタス航空で成田空港からブリスベンへ。そういえば、僕の初めての一人旅もカンタス航空でした。成田発でケアンズで乗り換えて、ゴールドコーストに行く便だったのですが、海外でのトランジット(乗り換え)にビビりまくってたことをよく覚えてます。

 

サーファーたちの楽園「ゴールドコースト」

サーファーたちの楽園「ゴールドコースト」

初海外だったことを差し引いても、サーファーたちの楽園と呼ばれるゴールドコーストはもっと有名になっても良い場所だと思うので、ぜひ取材したいです。

僕は大好きすぎて1ヶ月もいて、サーフィンしたり、スキューバダイビングのライセンス取ったりして満喫してました。これからが夏なので、冬の日本からの脱出先として最高の立地です。

 

ヒッピーたちが作った自由の街「バイロンベイ」

ヒッピーたちが作った自由の街「バイロンベイ」 ヒッピーたちが作った自由の街「バイロンベイ」

ゴールドコーストから90kmほどのバイロンベイは1970年代から自由と自然を愛するサーファー、ヒッピーやアーティストたちによって作られてきました。現代の言い方だと、ロハス、スローライフ、ナチュラルなどがキーワードです。

同行するフォトグラファー&エッセイストの伊佐さんはバイロンベイが世界で一番好き!ってよく言ってるので、とても楽しみです。確かに、何となく伊佐さんっぽい。

カンタス航空と一緒に旅をスポンサーしていただくブランド「JACK & MARIE」はバイロンベイが舞台になってます。

 

オーストラリアの首都はキャンベラです

オーストラリアの首都はキャンベラです

オーストラリアの首都はシドニーでも、メルボルンでもなく、キャンベラです!なぜキャンベラが首都になったかというと、シドニーとメルボルンのどちらを首都にするか揉めに揉めたので、妥協案としてニューサウスウェールズ州の片田舎のキャンベラが選ばれました。

一体何があるのか、首都キャンベラ。まだ日本では知られていないものがたくさんありそうなので、キャンベラ観光楽しみです。

 

タスマニア島は世界一空気がおいしい場所らしい

タスマニア島は世界一空気がおいしい場所らしい タスマニア島は世界一空気がおいしい場所らしい
1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy