ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ハンドメイド作品の価値とは? テレビ発端の原価騒動うけて

ハンドメイド作品の価値とは? テレビ発端の原価騒動うけて

 とあるテレビ番組で、ハンドメイド作品の原価だけが晒されて、あたかも簡単にできる様な紹介の仕方をしていました。それを真に受けた視聴者から、ハンドメイド作品のイベントなどで、「原価そんなかかってないんでしょ!もっと安くして!」なんて心無い言葉を掛けられてしまった……という話がSNS上では飛び交っています。

 そもそも、ハンドメイド作品は簡単にはつくれません。それを良く知らないままにテレビで視聴者に原価だけを晒しているのはハッキリ言えば、間違いです。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 当編集部でも、度々ハンドメイド作品を取り上げてきました。それは、その作品に対する話題性もさる事ながら、作品に対する真摯な思いや愛情を感じられてきたからご紹介したい、と取り上げさせて頂いてきました。

 今、「#ハンドメイド界隈のテンション上げてく為に自分のイチオシ作品画像を貼ろう」というハッシュタグで、各作家さんがハンドメイド作品を紹介しています。そこには、その作品を作るまでの経験や着想、作品に対する想いが詰まっています。

 このハッシュタグに参加した、ミニチュア切子を制作しているmegu×miniさんは、アクリル棒から繊細な切子作品を生み出しています。原価はアクリル棒と塗料だけかもしれませんが、この作品を作るまでに至った技術の確立やデザインなどは、原価以上に大きなものがあります。制作自体、一つの作品に8~10時間を掛けています。そして、ここまでの技術を習得するのに14年の歳月をかけています。また作品を作るためには細かいものを削る専用の工具など、原材料以外にも揃えるものがあります。


#ハンドメイド界隈のテンション上げてく為に自分のイチオシ作品画像を貼ろう

アクリル棒から削り出しております! pic.twitter.com/rsdwQ5QqCF

— megu (@meguxmini) November 6, 2018

 また、先日もご紹介した「ハリネズミのがま口」が人気のyucoco cafeさんは、同ハッシュタグと共に、「温もりやリアリティー、ハンドメイドこその価値が限りなくあると思います」と作品の写真と共にコメント。最近人気の羊毛フェルトの作家さんですが、ここまで本物そっくりに仕上げるにはそれ相当の技術を磨く時間と、何度も失敗を経験して乗り越えてきたから。


#ハンドメイド界隈のテンション上げてく為に自分のイチオシ作品画像を貼ろう

温もりやリアリティー、ハンドメイドこその価値が限りなくあると思います。 pic.twitter.com/nCom4M8EkM

— yucoco cafe新刊発売9/5 (@yucococafe) November 6, 2018

 そうした、原価にはないものがたくさん詰まっているのがハンドメイド作品。作品を趣味で作った事がある人なら分かると思いますが、一つの作品を仕上げるには、まずアイディアを出し、そこから形にしていくにはどうすればいいかを考え、そこから一つ一つの作品を原材料にはない道具を用いて一つ一つ作り上げていく手間。それらを考えたら原価だけでモノを売るという事はまずできない話になると思います。

 一つ一つに愛情と魂が込められた作品を、世に送り出す事は、原価以上にその作品に見合った値段をつけるという事。それだけ作家さんたちが大切に作り上げてきたものたちなんです。テレビ番組の原価云々に踊らされず、作品の本質を理解し、愛し、お迎えする事が、これからさらに素晴らしい作品が生み出す土壌となるのではないでしょうか。

<記事化協力>
meguさん(@meguxmini)
yucoco cafe新刊発売9/5さん(@yucococafe)

(梓川みいな)

関連記事リンク(外部サイト)

血色いいのに貧血!?実際に診断された人の体験談が話題に
トレーラーの頭だけ走行ってこうならんの?疑問を描いた漫画が話題
どちらが本物でしょう?生卵の絵と写真、見分けがつかないほどにリアル

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。