ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

イスタンブールのおすすめ観光スポット21選

皆さんは、ヨーロッパとアジアの接点となるトルコの首都・イスタンブールを訪れたことはありますか?

イスタンブールは、東西文化の懸け橋を担う都市として、古くから多くの人々が行き交う要所でした。東洋と西洋が入り混じったオリエンタルな雰囲気は、他のどの都市にもない魅力があります。

またモスクや博物館、宮殿、バザール、グルメなど、魅力的な観光スポットも多く、一度ならず何度も訪れたくなる場所です!

今回は、そんなイスタンブールで訪れるべきおすすめの観光スポット21ヶ所をご紹介していきます。

*編集部追記
2018年3月に公開した記事に新たに加筆しました。(2018/11/08)

 

イスタンブール最大の観光スポット!アヤソフィア(Ayasofya)

photo by shutterstock

イスタンブール最大の観光名所といえば、やはりこの「アヤソフィア」博物館。もともとローマ帝国時代にキリスト教の聖堂として建てられた大聖堂ですが、後のオスマントルコ帝国時代にはイスラムモスクとして利用されていました。

537年に再建されてから少しずつ修復はされていますが、ほぼ造られたまま現在まで残っている非常に貴重な建物です。ビザンチン建築の最高傑作と称される有名な建造物ですので、イスタンブールに行ったなら必見です!
■詳細情報
・名称:アヤソフィア
・住所:Sultanahmet Mh., Ayasofya Meydanı, 34122 Fatih/İstanbul, トルコ
・公式サイトURL:http://ayasofyamuzesi.gov.tr/

 

美しすぎるブルーモスク、スルタンアフメト・モスク(Sultanahmet Camii)

photo by shutterstock

世界遺産「イスタンブール歴史地区」にあり、壁や床、天井、柱などが青い文様のタイルで埋め尽くされていることから「ブルーモスク」とも呼ばれる「スルタンアフメト・モスク」。

アヤソフィアと並びトルコを象徴する建物として、これまでたくさんの旅人がその美しさを一目見ようと訪れる場所として非常に有名です。

通常モスクのミナレットは4本ですが、世界でただ一つ6本のミナレットと27.5mの大ドームを持ち、イスタンブールを代表するモスクとしても有名です。
■詳細情報
・名称:スルタンアフメト・モスク
・住所:Sultanahmet Mh., At Meydanı No:7, 34122 Fatih/İstanbul, トルコ
・公式サイトURL:http://www.sultanahmetcamii.org

 

イスタンブールの地下宮殿、バシリカ・シスタン(Basilica Cistern)

photo by shutterstock

まるで物語の中に入り込んだかのよう!?「バシリカ・シスタン」は、小説や映画に出てくるかのような幻想的な景色が広がる地下宮殿で、大理石円柱などの装飾が非常に素晴らしいです。

写真映えしそうな建物がたくさんあるので、一度シャッターを切ると止まらないのも魅力の一つ。地下にあるのでスーッと冷たい空気に包まれており、ワクワクとした冒険感を味わいたい方におすすめです。
■詳細情報
・名称:バシリカ・シスタン
・住所:Alemdar Mh., Yerebatan Cd. 1/3, 34410 Fatih/İstanbul, トルコ
・公式サイトURL:http://yerebatansarnici.com

 

黒海と地中海を結ぶボスポラス海峡(Bosporus)

photo by shutterstock

黒海と地中海を結び、トルコのヨーロッパサイドとアジアサイドを隔てる海峡が「ボスポラス海峡」です。

大きな貨物船や観光船が行き来していくのをのんびり眺めるだけでもいいですが、おすすめはガラタ橋から出ている観光船クルーズ!海の上から見るイスタンブールはまた一味違います。
■詳細情報
・名称:ボスポラス海峡
・住所:Bosphorus, トルコ

 

財宝の山!トプカプ宮殿(Topkapi Sarayi Muzesi)

photo by shutterstock

「トプカプ宮殿」の最大の見所は、何と言ってもまばゆい財宝が収蔵されている「宝物館」!

86カラットのダイヤが輝く「スプーン職人のダイヤモンド」や、金や大粒のエメラルドで装飾された「トプカピの短剣」など、キラキラと輝く財宝を目の前にすると思わずため息が出ます。

さらにはその内装も細部に渡り非常に細かい技術が、いたるところに使われています。お宝眺めも良いですが、その美しい技術を見て回るのも良いでしょう。
■詳細情報
・名称:トプカプ宮殿
・住所:Cankurtaran Mh., 34122 Istanbul
・公式サイトURL:http://topkapisarayi.gov.tr/en

1 2 3 4次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。