ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

一眼レンズを装着できる4G接続のAndroid搭載カメラが斬新!

スマホのようなボディにDSLRレンズが装着できるという、なんとも不思議なカメラを中国メーカーYongnuoが発表した。

Android 7.1で作動し、クアルコムのオクタコアプロセッサを搭載。そして3G・4G通信にも対応するという、まさにスマホ的に使えるカメラだ。

・音楽やメールも

このカメラは「YN450」と案内されているが、現在、正式名称を募集中とのこと。

とりあえずYN450と呼ぶとして、YN450のボディ部分はやや大きめのスマホといった外観で、5インチのフルHDマルチタッチディスプレーを備えている。ここで設定やさまざまな機能をコントロールできる。

さまざまな機能というのは、カメラ機能はもちろん、公開された写真をみたところ、音楽やカレンダー、メールなどが使える模様。32GBあるストレージに保存した写真やビデオも閲覧でき、通信機能を使って送受信もできるようだ。

・4Kビデオ撮影に対応

肝心のカメラ機能だが、フロントカメラは800万画素。加えてキャノンのEFレンズに対応する。

サイトによると4Kビデオの撮影(30fps)やRAW記録ができ、デュアルマイク、GPS、LEDフラッシュモジュールも搭載している。バッテリーは4000mAh。

ここまでくると、カメラとスマホどちらの機能がメーンなのか判断しづらいが、少なくともスマホより高品質の写真を撮りたいという需要を開拓するのが狙いの商品のようだ。

価格や発売日といった詳細はまだ発表されていない。

Yongnuo/Facebook

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。