ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新しくも懐かしく、(何故か)RPGの匂いもするドイツ生まれの個性派STG『Rigid Force Alpha』

1987年、アーケードゲームとして誕生したアイレム制作の横スクロールシューティングゲーム『R-TYPE』は日本のみならず、海外でもヒットし、家庭用ゲーム機、パソコンへの移植が盛んに実施された。

その中でもドイツで制作されたコモドール64、Amiga版は、『R-TYPE』ソックリな模造品を作って販売したコンピュータマニアの5人グループが、本物の販売を請け負ってた会社に技術力の高さを買われて作り上げた、伝説的な存在である。そんな出来事があったためなのか、昨今もドイツ生まれのシューティングゲームには、『R-TYPE』の息吹が込められた作品が一部、散見される。
rigid-force-alpha-1

2018年8月31日、PCゲーム配信プラットフォーム「Steam」で発売された『Rigid Force Alpha』もそんな作品の一つだ。

制作は個人開発者のMarcel Rebenstorf氏が設立したインディーディベロッパー「com8com1 Software」。一部の音楽は日本でもNintendo Switch、PlayStation 4などで販売されている『エリエットクエスト』の音楽を手掛けたマイケル・チャイト氏が担当している。また、日本語にもテキスト、ボイスも含めて完全対応している。

フォーメーション切り替えとエネルギー射出の判断が試されるSTG

rigid-force-alpha-2

内容は横スクロールのステージクリア型シューティングゲーム。最新鋭の宇宙船「リジッド・フォース・アルファ」を操縦し、謎のウィルスによって凶暴化した兵器群、原住生物達を撃退しながら感染源の根絶を目指して全6ステージの攻略に挑む。

ゲームの流れは迫り来る敵をショット攻撃で撃退しながら、ボスの討伐を目指すという王道のもの。ただ、道中とボス戦で二分された、やや風変わりな構成になっている。
rigid-force-alpha-3

自機「リジッド・フォース・アルファ」も少し変わっている。
特に象徴的なのが「フォースの破片」と呼ばれるアイテム兼オプション装備。獲得することで自機のショット性能が強化されるのだが、(※以降はXbox360コントローラでプレイした場合の設定となる)LB、RBボタンを押すことによってフォーメーションが切り替わり、LBを押すと後方に、RBを押すと前方に破片が移動。後ろから攻めてくる敵の迎撃、前方から来る弾を防ぐ盾としての利用といった、状況に応じた特徴的な戦術を取ることができる。
rigid-force-alpha-4

また、本作では敵を倒すと緑色の「エネルギーオーブ」が散らばり、回収すると画面下にある自機の「エネルギーゲージ」が上昇。この溜まったエネルギーを用いて、敵に大ダメージを与えるチャージ攻撃を発動させたり、ブレードを繰り出して敵弾をかき消すといったこともできてしまう。

散らばった「エネルギーオーブ」を自機に引き寄せる機能も備えているので(Yボタンを押す)、積極的に取得していけば、いずれのアクションも途絶えることなく繰り出せる。使用中のキャンセルにも対応していて、チャージ攻撃に使いつつ、防御策としてブレード用のエネルギーを残す方法も難なく実施可能だ。
rigid-force-alpha-5

他にショット攻撃も「レーザー」、「スプレッド」、「リバウンド」と三種類だけながら、いずれも個性的で、ステージの地形によっては、どれを装備しているかで難易度も変化。ショット攻撃を補うサイド攻撃も三種類あり、これらも組み合わせによって多彩な効果を発揮する。

このように自機の性能に大きな個性付けが図られており、一筋縄ではいかぬ手応えを演出。直感的に遊べる作りとは裏腹に、慌ただしくも戦略的な操作が要求される内容になっている。
rigid-force-alpha-6

この作りを考慮してか、初回プレイ時は操作のチュートリアルから始まるという配慮も。しかも、日本語フルボイスで一連の動作を解説してくれる。「本番で基本動作を覚えろ!」というのがシューティングゲームにおいては一種のお約束だが、そんな姿勢に歯向かっているのもちょっとした特色である。

追い込まれても勝機が残される、計算された難易度

道中とボス戦で分けられたステージにも独特の手応えがある。
rigid-force-alpha-7

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。