ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

視聴者の欲求を満たすべく、理不尽の洗礼を浴びろ。誰もがクリアできる闇深きアクションゲーム『ワンミニッツチャレンジャー』

芸人による身体を張ったチャレンジ、大規模な仕掛けを施して対象を驚かせるドッキリ、軽妙な掛け合いを醍醐味とするコント。かつてのバラエティ番組は、見る者に笑いと刺激を提供するものが多かったが、時代と価値観の変化と同時にそのようなネタを展開することが困難を極めるようになり、次第にトーンを落ち着かせた内容のものが増えていった。

だがもし、更なる刺激が求められる時代になっていたら…?
one-minits-challenger-1

そんな未来の世界で誕生した、一つのバラエティ番組を追体験できるフリーゲームが今回紹介する『ワンミニッツチャレンジャー』である。2018年8月31日より、フリーゲーム配信サイト「ふりーむ!」、「フリーゲーム夢現」でリリースされた。制作にはRPGの制作ツールとして知られる「WOLF RPG Editor」が用いられている。

舞台となるのは不思議とファンタジーに満ち溢れた架空の未来。人々の快楽に対する欲求は上昇の一途を辿っていた。そんな彼らの心を満たすべく『ワンミニッツチャレンジャー』なる番組が企画され、一人の挑戦者が招集された……というのが大まかなあらすじだ。

60秒以内に10個の理不尽なミッションを制覇せよ!

ゲームジャンルとしてはアクションゲームに該当する。プレイヤーは『ワンミニッツチャレンジャー』なるバラエティ番組に何故か出演することになってしまった挑戦者となり、「ミスター・デスマッチ」なる番組のMCによる進行の下、全部で10個のミッションに挑戦するというものである。最終目標は10個のミッションの制覇となる。
one-minits-challenger-2

操作に用いるのは(キーボード操作の場合)方向キーとZキーの二つだけ。これで見下ろし視点で構成されたマップ上を移動し、行く手を阻む穴を飛び越えたり、仕掛けを潜り抜けながらミッション達成を目指していく。

穴に落ちたり、マップ上を徘徊するキュートな猫ちゃんに襲撃されるとミス。しかし、ゲームオーバーにはならず、ミッションのスタート、或いは中間に当たる「リスポーン地点」へと戻されて復活。基本、何度同じようにやられようが、必ずリスポーン地点へと戻される仕組みになっている。
one-minits-challenger-3

ゲームオーバーの条件は時間切れ。タイトルの通り、本作で挑戦するミッションの制限時間はワンミニッツこと1分。その時間が来てしまうとゲームオーバーになり、最初からやり直しになってしまうのだ。

そのため、どのミッションにおいても迅速且つ、的確な行動が要求されてくる。だが、ミッションはいずれもクセモノ揃いだ。
基本、アクションゲームという事で、どのミッションもゴールへの到達を目指すことになるが、穴を飛び越え、猫ちゃんを回避してゴールを目指すものばかりにあらず。むしろ、そのようなミッションはごく僅かで、他は無茶苦茶なもの揃いだ。
one-minits-challenger-4

フィールド上に仕掛けられたスイッチの全解除を目指す。
one-minits-challenger-5

ゴールへの道を開く為に謎を解く。
one-minits-challenger-6

暗闇の中を進む。
one-minits-challenger-7

そして、毒を盛った犯人を探し出す。

いずれもアクションゲームの範疇に捉われない個性的なもの揃いとなっている。更に言うなら、本作のゲームバランスは理不尽気味。初見クリアは無理と言ってもよいほど、意地悪で罠満載の難易度になっている。

スタンダードなゴールを目指すミッションも意外に難しい。先述の通り、本作はRPG用のツールを用いて制作されている。そのため、タイミングの計算が一般的なアクションゲームとは全く違う。キャラクターが次に動くという一歩先を見据えながら行動しなければ、奈落一直線か、猫ちゃんに首を掻っ切られて地獄行きとなるのだ。
one-minits-challenger-8

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。