ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

秘境好き必見!標高5000m近い峠を越えていく、インドのザンスカールトレッキングが絶景すぎる

秘境好き必見!標高5000m近い峠を越えていく、インドのザンスカールトレッキングが絶景すぎる

インドの最北端ジャンムー・カシミール州、ラダック地方。この地方には息をのむような大地と山岳地帯の絶景が広がっています。

その中でもさらに奥地に位置するのがザンスカールと呼ばれる地域。この地域には、より色濃く昔ながらの伝統的な生活が、残されています。

昔々からこの地に住む人々によって利用されてきた山道を行き、もっと奥地の村々を訪ね歩いてみたい。そして気がつけば、私はザンスカールへと続く山道を歩きだしていました。

 

ザンスカールって?

photo by Tomoya Yamauchi

インド北端ラダック地方のさらに奥地にザンスカールと呼ばれる地域があります。一番標高の低いところでも3500mの山岳地帯。雨が極端に少なく、一年中乾燥しています。冬の期間は長く厳しく、マイナス30度になるような気候です。

生物の存在をまるで感じさせない砂漠のようにも見える地肌むき出しの山々。ザンスカールこそ、本当の秘境地域。1979年、カーギル-パドゥム間にザンスカールで初めての自動車道ができたくらいです。

その他の地域を訪れるためには、現在でも厳しい山岳地帯の峠道を通過していかねばなりません。自動車が通行可能な道も建設されつつありますが、主な移動手段は徒歩。またはロバや馬を使って峠道を越えていく事になります。

photo by Tomoya Yamauchi

そして冬季には積雪で峠道さえも遮断され、ザンスカール地方は全く陸の孤島になります。そうなれば他地域に抜けるルートは「チャダル」と呼ばれる道しかありません。

「チャダル」とは、冬の寒さがもっとも厳しい1月中旬から2月中旬までの間に現れる氷の道です。山々の間を流れ込むザンスカール川が凍結し、その氷の上を歩けるようになるのです。

このアクセスの難しさもあり、訪れる旅人もまだまだ少ないザンスカール地方。そのおかげもあり、人々は大自然の中で伝統的な素朴な暮らしを続けています。

photo by Tomoya Yamauchi

ザンスカールトレックは、そんな地域を5000m近い峠をいくつも越え、美しい村々を訪ねながら歩いていきます。

 

トレッキングルートと必要日数

ちなみに上記の地図が私が歩いたザンスカールトレックのルートです。計算してみると歩行距離は180km、12日間の旅でした。

ツアーグループで行くとだいたい10日程かけて歩くようです。そしてその間の大量の食糧が必要なので、山岳ガイドに加えて馬やロバを雇って食料を運ぶことになります。

しかし私はもっと自由に、自分の好きなように歩きたかったので、単独で地図を片手にテントを担いで行きました。ルートもはっきりしていて、地図さえあれば迷うこともないと思います。

「お前は一人で歩いてるのか⁉︎」と驚かれることも何回もありましたが。

photo by Tomoya Yamauchi

大量の食糧が必要で荷物が重くなると思われるかもしれませんが、訪れる先々の村で少しお金を払えば、ホームステイさせてもらうこともでき、ご飯も食べさせてもらえます。実際に大自然の中でキャンプしたのは2日間だけでした。その他はホームステイか民家の庭にお願いしてテントを張らしてもらっていました。

中にはお金を払おうとしても、お金なんて必要ないよと言って下さる家庭もいて、親切なザンスカールの方々に感謝です。

 

トレッキング中の絶景の数々 5000mを近くを越えていく

photo by Tomoya Yamauchi

ザンスカールトレックでは、5000m近いいくつかの峠道を越えて行くことになります。ここではシルシルラ峠とシンギラ峠、その峠道で出会った絶景を紹介します。

 

シルシルラ峠 ハナプタからフォトクサル間

photo by Tomoya Yamauchi

まず紹介するのは「シルシルラ峠」です。この峠は、ハナプタ村からフォトクサル村の間にあります。

トレッキング3日目の朝でした。朝日がテントに差し込み、その光で目を覚まします。ハナプタからフォトクサルまでの距離は25kmほど。長い一日になりそうです。

1 2 3 4次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。