『ドリフェス!R』FINAL STAGE at NIPPON BUDOKANライブレポ&キャストコメントも到着![オタ女]

access_time create folderエンタメ

10月20日(土)・21 日(日) 2日間にわたり、日本武道館にて開催された、5次元アイドル応援プロジェクト『ドリフェス!R』によるライブ、ドリフェス!Presents FINAL STAGE at NIPPON BUDOKAN「ALL FOR TOMORROW!!!!!!!」の公式レポートが到着! さらに、公演を追えたキャストからの公式コメントも届きました!

2次元のキャラクターと3次元のキャストの密な連動による多面展開が話題となり、ファンの応援を形にしてきた、5次元アイドル応援プロジェクト『ドリフェス!R』。プロジェクトの到達点として、そしてメインキャストで構成される2つのユニット、DearDreamとKUROFUNEの7人による5次元活動の区切りとして、日本武道館でファイナルステージを迎えた。2daysで約15,000人を動員し、ファンと一緒に熱い絆を再確認する2日間となった。

オープニング映像が流れると早くもスクリーンに天宮奏をはじめとする2次元のメンバーが次々と登場。そしてスクリーンが上がると、同じ衣装姿の3次元のメンバー、DearDreamの石原 壮馬(as 天宮 奏)、溝口 琢矢(as 及川 慎)、富田健太郎(as 佐々木 純哉)、太田 将熙(as 片桐 いつき)、正木 郁(as 沢村 千弦)、KUROFUNEの戸谷 公人(as 風間 圭吾)、株元 英彰(as 黒石 勇人)が登場し、大歓声が上がった。

「行くぞ武道館!」と、石原壮馬が叫び1曲目「ALL FOR SMILE!」から、ライブスタート! 息の合ったダンスパフォーマンスにさらに歓声が大きくなっていく。7人で2曲続けてのパフォーマンス後、「ついにきたぞ、武道館!」と、改めて日本武道館へたどり着いた喜びを噛み締めていた。

そして DearDream5人による、「Real Dream」(20日公演)、「NEW STAR EVOLUTION」(21日公演)では、アクロバティックな要素も含んだキレのあるダンスを披露し、さらに客席のテンションは急上昇。続いての曲、アニメ映像を背負っての「PLEASURE FLAG」では大きなフラッグを使ったパフォーマンスも見られ、DearDreamのパフォーマンスの成長が感じられた。

そして、スモークと光の中からの登場となるKUROFUNEに、大歓声が巻き起こる。戸谷公人が「みんなも一緒に!」と煽り、客席との「KUROFUNE」「襲来!!」のコール&レスポンスで会場が一体となりヒートアップ。

MCタイムでは、「この武道館で、KUROFUNEだからこそ出来ること」として、ゴールドとシルバーの2色の光で、アニメで描かれたライブステージさながらの光景で会場中を輝かせた。

そして、ユニット曲、ソロ曲と続く。石原壮馬、溝口琢矢、富田健太郎の3人の『TRAFFIC SIGNAL』によるアニメとのシンクロ率の高い「グローリーストーリー」に客席からは割れんばかりの歓声があがり、21日(日)の公演では「MAY BE, LADY!」の人気曲でミラーボールの星が煌き、その勢いのまま、溝口琢矢・正木郁のユニット曲では色気たっぷりのパフォーマンスで歓声が鳴り止まない中、キレのあるダンスで魅了。続いて溝口琢矢・富田健太郎のユニット曲でも息がぴったり合ったキレのあるダンスをみせ、客席を熱狂させた。

ジャンピングポップアップで元気よく飛び出した太田 将熙、正木 郁のユニット『W-MaSKat』は「STATRING TOGETHER」を歌唱。20日(土)の公演では「リバーシブル→バレンタイン」を甘く歌い上げ、21日(日)は「You are my RIVAL」で二人の仲睦まじい様子が微笑ましく、客席からの歓声もより一層大きくなる。

それに対抗するかのように KUROFUNE の二人も「BEST☆★PARTNER」で、絆の深さを見せつけるようなパフォーマンスを繰り出す。

1 2 3次のページ
access_time create folderエンタメ

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧