ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

女子必見!とっても簡単にできる「よれないメイク」の方法を伝授!

メイクよれを簡単に防ぎたい!メイクする女性

「メイクよれ」問題は、女性のお悩みランキングの上位に入るはず

女性の大敵、「メイクよれ」。大事な商談やデートの前に「メイクよれしてしまった!」と、慌てることもあるかもしれないが、安心してほしい。

実は、メイクが酷くよれてしまった場合でも、まるでメイクしたてのような状態に戻すことができる方法があるのだ。そこで今回は、日常でできる「メイクよれ」をテーマにしたテクニックを紹介しよう。メイクよれを防ぐためには「メイク前のスキンケア」から気を配ろう化粧品

メイクよれ対策には基礎化粧品がとっても大事なのだ!

メイクよれを防ぐためには、メイク前に十分な保湿をし、皮脂の過剰分泌を防ぐことが肝心。乾燥していると皮脂とメイクが混じり、メイクがよれやすくなるからだ。

しかし、保湿といっても基礎化粧品をただベタベタ塗ればいいわけではない。基礎化粧品の塗りすぎがメイクよれに繋がることもある。

まず、メイク前の正しいスキンケアでは化粧水を肌に入れ込むことに重視しよう。化粧水をコットンや手を使い、2〜3回重ねつけをして肌にたっぷり水分を補充する。その後、美容液で保湿してあげる。これだけで保湿は十分。使用する美容液は油分が少ないものがおすすめ。

といっても多量は厳禁。1〜2プッシュ少量を塗布するだけで肌は十分に保湿できる。ジェルの場合は、パール大1粒分よりも気持ち少なめでもいいだろう。

なぜ多量が厳禁なのかというと、美容液やジェルがメイクのりの邪魔をすることもあるからだ。また、時間とともに汗・皮脂と美容液が混じりあい、メイクよれの原因にもなる。

化粧水はたっぷり、油分の少ない美容液やジェルは少量。これがメイク前のスキンケアのポイントだ。「潜水法」使えば、メイクよれと無縁になれる

たっぷり塗布したファンデーション。その上からさらにたっぷり叩いたフェイスパウダー。仕上げに水スプレーやミスト化粧水を振りかければ、メイクよれしない完璧な仮面ができあがる。

このメイク方法を「潜水法(せんすいほう)」と呼ぶ。本来の潜水法は、仕上げに水を貼った洗面器に顔をつけるのが正しい方法だが、実践しやすくするために、水スプレーorミスト化粧水に代用もできる。

では、この潜水法のやり方を詳しく説明しよう。潜水法の手順

STEP1. 手持ちのリキッドorクリームファンデーションをいつもより厚めに塗る

STEP2. 無色のフェイスパウダーを顔全体にたっぷり叩く

STEP3. 水スプレーorミスト化粧水を顔全体にかける

STEP4. 最後にティッシュで余分な水分をとる

これで、汗をたくさんかいても崩れない仮面のようなベースメイクの完成。

パウダー+水分を塗布することで、ファンデーションとパウダーが密着し、メイクよれしにくくなる。どのくらいメイクよれしにくくなるかは、試してみてからのお楽しみ!メイクがよれてしまった場合の対処法は?メイク道具

必要なメイク道具は持ち歩こう

いくらメイクよれしない方法を試しても、メイク仕立ての状態を100%キープできるわけではない。もしメイクよれしてしまったら……!?

答えは簡単。メイクを直せばいいのだ。ただし、キレイな状態に戻すにもちょっとしたコツがあるのでご紹介しよう。

一般的なメイク直しは、ティッシュオフしてその上から粉で直す、という方法だが、これでは余分な皮脂や浮いてきたファンデーションと交じりあい、フラットな状態にはならない。粉っぽくなるだけのこともある。

ここで用意してほしいのが、以下の4つのアイテム。手順も一緒に紹介しよう。メイクよれを直すための必要アイテム

1.乳液または美容液
2.スポンジ
3.手持ちのリキッドorクリームファンデーション
4.フェイスパウダーメイクよれを直す手順

STEP1. 乳液、または美容液をメイクよれしたところに塗る

STEP2. クルクルと馴染ませ、一度ベースメイクを落とす

STEP3. スポンジでポンポンと取り除く

STEP4. 少し放置して乾かし、その上からリキッドorクリームファンデを少量塗る

STEP5. 余分なファンデーションをスポンジでとる

STEP6. 最後にフェイスパウダーで仕上げれば完成

このように、最初からベースメイクをやり直す感覚に近い。乳液や美容液は荷物になるため、旅行用の小さなボトルに入れて持ち運ぶか、サンプル品をポーチに忍ばせておくのがおすすめ。

メイクよれを直すのには少々手間がかかるが、デートや「ここぞ!」というシーンに使える。ぜひ一度試してみていただきたい。

女性向け・女性専用の賃貸物件はこちら!

文=seina (せいな)
Webライター·ブロガー。ベーシックアロマセラピスト/ダイエット検定1級・2級をもち、運営ブログ「美しくなければ生きていけない」では、「美しくなること」をメインテーマに、美容整形、筋トレネタを中心に執筆しているあなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけようあなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう

CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。