ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

横浜家系ラーメン+ライス+〇〇 資本系とは一線を画す“松壱家”の激ウマライスの作り方!

全国のラーメンを食べ歩くラーメンミュージシャン、井手隊長です。横浜家系ラーメン。横浜を中心に全国各地に広がった大人気の豚骨醤油ラーメンで、屋号に「家」のつく店名が多かったことから「家系(いえけい)」と呼ばれるようになった。1974年創業の“吉村家”を総本山とし、その流れをくむお店が神奈川県を中心に広がっていった。明確な定義はないものの、“吉村家”やその系列店の流れをくむお店が横浜家系ラーメンとされてきた。しかし、このところ、大手外食系企業が手掛けた店舗による、ラーメン界で“資本系”と呼ばれる“家系”とは似ても似つかぬラーメンが横行し、本物を知らない人ばかりになってしまったのが残念でならない。

そんな中、“壱六家”や“松壱家”については“資本系”と混同してはならない。この2チェーンはいわゆる“吉村家”からの流れとは違うが、歴史もあり味も安定していることから“家系”ファンの中でも1つの流派として認められているし、功績も大きいと思う。前置きが長くなったが、今回は“松壱家”をご紹介する。

『醤油豚骨ラーメン 並』に『ライス 並』を注文。バイトさん中心の厨房やハイテクすぎる食券機など、“資本系”と混同されるのも分からないでもないが、やはり他とは一線を画す美味しさ! 豚骨スープと醤油のバランスがよく、かために茹でられた極太麺にもよく絡む。

そして“家系”といえばライス。メジャーな食べ方としては、はじめにノリをスープに浸しておき、ライスにスープをかけてノリを巻いて食べるというのがお決まり。『きゅうりのキューちゃん』を置いているところもあって、それもかなりの人気だ。

▲辛子高菜を入れてスープをかけて……

しかし、ここは卓上の辛子高菜が素晴らしい! 本来はラーメンに入れるために置いてあると思われるが、スープの味を壊したくないのでライスに乗せてスープをかけて食べてみる。すると、これがたまらない美味しさ! ライスがパワーアップして素晴らしいサイドメニューに変身した。

“家系”の店舗で辛子高菜はなかなか見ないが、ぜひ他の家系ラーメン店も置いてほしい。“松壱家”は茅ケ崎店、平塚店には置いているとのこと。ぜひラーメンとともに試してみていただきたい!

ラーメン 松壱家 茅ヶ崎店
神奈川県茅ヶ崎市元町3−10
0467-58-8838

ラーメン 松壱家 平塚店
神奈川県平塚市紅谷町8−8
0463-23-9008

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 井手隊長) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。