ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

日比谷が『スパイダーマン』づくし! ソニー『Xperia』3Dアプリ活用キャンペーン実施中

2019年に公開予定の『スパイダーマン』シリーズ最新作『スパイダーマン:スパイダーバース』。ファンとしては待ちきれない作品ですが、第31回東京国際映画祭と合わせて東京ミッドタウン日比谷で開催されている『HIBIYA CINEMA FESTIVAL』で、ソニー『Xperia』のプリインアプリ『3Dクリエーター』で顔を取り込んで予告動画を屋外スクリーンで放映するキャンペーン『キミもスパイダーマン』が2018年10月24日まで実施中です。

人の顔やモノなどを3D撮影できる『3Dクリエーター』。今回は東京ミッドタウン日比谷地下の特設ブースで撮影が可能。顔をスタッフが左右と頭部をゆっくりとなめるように撮ってくれます。ちょっと恥ずかしいですがスパイダーマンになれると思ってガマンしましょう。

『3Dクリエーター』で撮った画像は、自由に回転させることや表情を変えることが可能。このデータをもとに、屋外でスパイダーマンになった動画が放映されるほか、QRコードを読み込んでSNSなどにシェアすることもできます。ちなみに、『3Dクリエーター』は『DMM.make』でオリジナルフィギュアの作成も可能。この機会に活用してみるのも楽しそうです。

また、東京ミッドタウン日比谷内のBillboard cafe&dining、Värmenの二店舗で『スパイダーバース』の限定コラボメニューがラインナップ。Billboard cafe&diningではクランベリージュースとブルーキュラソーで『スパイダーマン』のカラーを表現した「SpiderBerry](1000円+税)など3種類、Värmenでは蜘蛛の巣イメージの「ウェブチーズケーキ」(700円+税)など2種類が用意されているので、映画を日比谷に観に行くという人は要チェックです。

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』オフィシャルサイト
http://www.spider-verse.jp/site/ [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: ryofujii_gn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき