ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

JR秋葉原駅前にセガ×コメダのコッペパン専門店がオープン! わたあめ専門店“C.P.CANDY Akihabara”跡地

コメダ謹製“やわらかシロコッペ”秋葉原店が2018年10月19日(金)、JR秋葉原駅電気街改札口近くのセガ秋葉原4号館1階にオープンした。

本店舗は、セガ エンタテインメントとコメダが業務提携し、「ワンハンドで気軽に食べられるコッペパンは、アミューズメント施設における軽食として相性が良い」という双方の考えにより、実現した店舗。

と、概要を説明したところで、さっそく食べに行ってみた!

やわらかもっちもちのコッペパン

オープン当日である10月19日(金)の12時ごろに、さっそく店舗へ訪れてみた。以前は、わたあめ専門店“C.P.CANDY Akihabara”が営業していた場所で、9月2日(日)の閉店から約1か月でコメダ謹製“やわらかシロコッペ”秋葉原店が入った形だ。

イートインスペースはなく、店頭で注文してそのまま商品を受け取る。コッペパンのメニューは現状20種類以上用意されており、価格帯は250円~460円ほど。オーソドックスな『小倉マーガリン(250円)』や『小倉ホイップ(280円)』ほか、宮崎県産の霧島黒豚を使用した変わり種も販売されていた。

せっかくなので、今回は最も高価な『霧島黒豚焼肉たまご(460円)』をチョイス。店頭でメニュー名を伝えると、個包装の状態で渡してくれた。

「やわらかシロコッペ」という店名通り、パンはしっとりとて柔らか。創業50周年を迎えた“コメダ珈琲店”が提供するオリジナルコッペパンだけあって、単体でも美味しい。具は焼肉のタレ的な味がする黒豚とたまごで、間違いのない組み合わせ。パンとの相性も良かった。今回は惣菜パンを選んだが、逆に『小倉マーガリン』や『小倉ホイップ』の味に期待ができる。また別のメニューを食べてみよう、そう思わせる味だった。

インパクト、という意味では以前のわたあめ専門店よりは薄い。が、店頭で気軽に購入できるのは利点だ。小腹が空いた際は、一度立ち寄って見てはいかがだろうか。

店舗概要
コメダ謹製「やわらかシロコッペ」秋葉原店
■営業:8:00~20:00
■場所:東京都千代田区外神田1-15-9B 1F
■店舗HP:https://tempo.sega.jp/tnsb/shirocoppe_akihabara/
■ブランドHP:http://www.komeda-shirocoppe.jp/

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: sasuke_in) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき