ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー

江戸川乱歩の「少年探偵団」シリーズを原案に今をときめくB2takes!の小澤廉さん、BOYS AND MENの弟分・祭nine.の寺坂頼我さんをW主演に迎え贈る、探偵エンターテイメント『BD~明智探偵事務所~』が10月12日よりユナイテッド・シネマ豊洲、イオンシネマ名古屋茶屋、イオンシネマ宇多津ほかで全国公開。

小澤さん、寺坂さんのW主演に加え、今注目を集めるB2takes!が主題歌を担当&メンバー総出演ということでも話題の本作。

小澤さんが演じるのは、事件を追う新米探偵の小林芳雄。そして寺坂さんは、小林とタッグを組む鉄砲玉の井上一郎を演じます。

今回は、小澤さんと寺坂さんに本作の注目ポイントや共演した印象、お互いダンスボーカルグループで活動するメンバーとして心がけていることなど、お話を伺いました!

※すべての画像が表示されない場合はOtajoからご覧ください。
https://otajo.jp/74309[リンク]

注目ポイントは自転車のシーンの距離感

――それぞれ演じるにあたって意識した部分を教えてください。

小澤:小林は、感情をあまり言葉にして表さない人なんですよ。僕からするとおとなしい部類の役。僕が今までやってきた役は天真爛漫でやかましい役が多かったので、その間逆な役を演じるにあたって、僕にできるんだろうか、という不安がたくさんあったんです。でも、小林は普段の僕に近しいんですよね。僕もあまり言葉では言わないような人間なので。じゃあ僕の普段はどうしているかを想像すれば、俺のイメージする小林を芝居で表現できるんじゃないかと考えて、普段の自分をちょっと意識しながら演じていました。

――小澤さんは、普段のご自分のことを冷静だとおっしゃっていますよね。

小澤:そうですね、冷静です。あと、ムカつくことをされるとたぶん顔に出すんですよ。「察して」みたいなオーラを出すところがあるから、小林に似ていると思うのはそこらへんですかね(笑)。

――寺坂さんは撮影中に小澤さんのそんな雰囲気を感じたことはありました?

寺坂:怒りはないですけど(笑)、「あ、廉くん今すごい眠気が襲ってきているんだろうな」というのは喋らずともわかりますね。

――小林の揺るがないような人間性は小澤さんに近いところがありますよね。

小澤:この作品は、小林が明智先生に「自分の歩き方は自分で選べるんだよ」というセリフをもらいます。小林は親がどうしようもないクズ人間だったんですけど、そういった親から生まれた子は、同じような道を歩まなければならないんだろうか、とやさぐれた時期に明智先生からの言葉をもらったので、井上が憧れるような小林になれたんだろうな、と思います。人に憧れられるような善き人間になるには、その指導者も必要だし、周りにいる仲間たちとの絆や笑顔などが必要だなと僕は思いましたね。

――明智先生が損得勘定で動かないとおっしゃるところも、小澤さんのポリシーに沿っているなと思いました。

小澤:そうですね。(寺坂さんに向き直って)俺、めちゃめちゃ男気で動くのよ。

寺坂:自分で言うんですか(笑)。

小澤:基本的に損得勘定で動いている人はあまり好きじゃなくて。俺は誰かが困っていたら助けに行く、みたいな感じで、よく動くの。お酒が一切飲めないから、地元の友だちで終電を逃したやつがいたら、車でどこでも迎えに行く。

寺坂:へえ~!

小澤:だけど、俺が終電逃しても大抵誰も迎えに来ない! みんなは酒が飲めるから「酒飲んじゃった、ごめん」って(笑)。

寺坂:それでも迎えに行ってあげるなんて、それは男気がありますね。

小澤:俺は男気で生きてるから(笑)。

――寺坂さんは井上をどのように捉えて演じたのでしょうか?

寺坂:井上は、やさぐれた役で口調も素行も悪い役なんですけど、普段の僕は役と正反対で、悪い口調も使わないですし、むしろちょっと天然な部分があると言われます(笑)。映像の中だと、より元の部分が見えてしまうと思うので、元々の自分が少しでも出てしまわないように常に心がけてやっていました。

――では、ファンの方が見たら、いつもと全然違う?

寺坂:そうですね。予告が解禁された段階でそういった反響はあったので、見ていただいてどんな反応をいただけるかは楽しみです。

――この作品は最後まで内容が詰まっていますよね。一見気付かなそうな注目ポイントを教えてください。

寺坂:小林と井上が自転車で二人乗りしているシーンが何回か出てくるんですけど、その自転車の乗り方によって、小林と井上の心の距離感も表しているんです。その変化に注目してほしいですね。そこに気付くと、より面白く観られるかもしれません。

――そんな演出が! かなり注目ポイントですね。

寺坂:普通に観ているだけじゃきっと気付けないと思うんですけどね。

1 2 3次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。