ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

紅葉、海、夕日…絶景の車窓風景が楽しめるローカル線5選

紅葉、海、夕日…絶景の車窓風景が楽しめるローカル線5選

沿線に広がる里山に色づく紅葉、海辺の風景、懐かしい雰囲気の車両や駅舎など、ローカル線には訪れたくなる魅力がいっぱい。これからの季節におすすめの、東日本の絶景路線を紹介します。

五能線(秋田県)

海岸列車から眺める絶景の日本海

一度は乗ってみたいローカル線として名前の挙がることの多い五能線(東能代~川部)。荒々しい日本海の景色、映画や広告にも度々登場したレトロな駅舎の風景。どこをとっても絵になる絶景路線です。五能線を走る観光列車「リゾートしらかみ」は、絶景ポイントで景色を楽しめるように、速度を落として運行します。車内では地酒や地元グルメも味わえ、沿線の魅力を堪能できます。

五能線から見える夕日

I.Y様
@mcp1098
【ご本人コメント抜粋】
冬の日本海

電車からこの絶景が見れるなんて…
青春18きっぷで一人旅、またしたいなー

【びゅうたび編集部より】
一度は見たいのが、五能線から眺める日本海の夕日です。

五能線のレトロな駅舎 五能線と日本海

Takashi Fujita様
@takashi.fujita.73

【ご本人コメント抜粋】

JR五能線・驫木駅(とどろきえき)
日本で一番海に近い駅の一つ、五能線の驫木駅は、日本海に沈む夕陽が綺麗なことでも有名です。「車」ではなく「馬」が3つで「とどろき」…。この地方らしい漢字が充てられていますよね。
小さい駅舎に1日数本のローカル線…。夕陽が沈む頃には「リゾートしらかみ号」が通過していきます。
私的には愛媛県のJR予讃線・下灘駅より静かに旅情に浸れる「日本で一番海に近い駅」だと思います。

【びゅうたび編集部より】
JRの「青春18きっぷ」のポスターにも使われた、旅情あふれる驫木駅です。

只見線(福島県)

会津を代表するローカル線と紅葉のコラボ

会津若松~小出間を走る只見線の魅力は、自然豊かな鉄道風景に出合えること。只見川がほぼ平行に走る会津柳津~会津川口間は、紅葉の季節には川沿いに色づいた木々の鮮やかな絶景が広がります。特に会津川口駅はホームのすぐそばを只見川が流れ、水面に周囲の山々を映し出す撮影スポット。思わず途中下車したくなる駅が点在しますが、運行本数の少ない路線だけに時刻表チェックはお忘れなく。

只見線 列車 撮影:荻窪圭 只見線 紅葉

撮影:荻窪圭

【びゅうたび編集部より】
色とりどりの紅葉が、間近に感じられそうですね。

只見線の車窓からの景色

ニッポン丸ごと!旅するスイロ様
@traveler_sui

【ご本人コメント抜粋】
【福島県・大沼郡 金山町 大志集落】
鉄道好きなら誰もが憧れる、絶景路線只見線
やっと乗る事ができました
朝は少し霧っぽかったのですが、それがかえって幻想的で素晴らしかったです。
そして只見川のリフレクションが美しくて感動しました
会津川口駅での乗り継ぎ時間が結構あったので、隣の会津中川駅までゆっくりと散策中にパシャリ

【びゅうたび編集部より】
思わずため息。さながら名画のような絶景ですね。

篠ノ井線(長野県)

「日本三大車窓」は鉄道ファン必見

塩尻~篠ノ井間、中央線と信越線を結ぶ篠ノ井線は峠越えの急勾配が続きます。中でも、駅構内にスイッチバックのある姨捨(おばすて)駅は、北海道・根室本線の旧狩勝峠、九州・肥薩線の矢岳と並ぶ日本三大車窓のひとつ。時間が許せば、姨捨駅ホームの展望台から、ぜひ堪能したいもの。姨捨駅は、趣あるレトロな駅舎も見どころのひとつです。

姨捨駅からの風景
1 2次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。