ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

理系学習マンガは誰を先生役にし、誰を生徒役にしてきたか。-NHKキズナアイ騒動をうけて(銀河孤児亭)

2011年11月出版。表紙真ん中の悪魔っ娘(自称マックスウェルの悪魔)が先生役で、生徒役には男子高校生と女子高生が1人ずつ。

マンガで読む タイムマシンの話 (ブルーバックス)

「マンガで読む タイムマシンの話 (ブルーバックス)」2011年11月22日『amazon.co.jp』
https://www.amazon.co.jp/dp/4062577429/?tag=hatena_st1-22&ascsubtag=d-1oof3d

2011年11月出版。うさんくさい男性科学者が先生役で、男子高校生と女子高生が生徒役。

マンガ 量子力学―この世を支配する奇妙な法則 (ブルーバックス)

「マンガ 量子力学―この世を支配する奇妙な法則 (ブルーバックス)」年月日『amazon.co.jp』
https://www.amazon.co.jp/dp/406257747X/?tag=hatena_st1-22&ascsubtag=d-1oof3d

2011年11月出版。ブルーバックス漫画本ラッシュ最終弾にして最大の奇作。上述3冊もなかなかだったが、ブルーバックスの表紙としては相当に衝撃的なイラストである。表紙中央のマスコットキャラが先生役を務め、魔法少女が生徒役を務めるというかなりアクロバットな内容。
2011年冬にブルーバックスが出したこの漫画4冊、正直に言うと漫画としてのクオリティがオーム社の「マンガでわかる」シリーズと比べて数段低いのだが、中でもこの本はとにかく絵がプロレベルとは到底思えないクオリティで、おそらく「21世紀に講談社から出版された漫画」の中で低画力争いをしたらぶっち切りで1位が取れるのではないかと思う。作者は正真正銘の研究者で、東京大学在籍中に漫研に所属していたらしく、つまりそもそも完全に素人なのだ。何故そんな実力で魔法バトルものを描こうとしたのだ……。
ただ説明やストーリー自体はそこそこ面白いので、怖いものみたさで買ってみるのは良いと思う。敢えて中身のページはアップしない。

マンガでわかる材料力学

「マンガでわかる材料力学」2012年1月20日『amazon.co.jp』
https://www.amazon.co.jp/dp/4274068757/?tag=hatena_st1-22&ascsubtag=d-1oof3d

2012年1月出版。一度読んでるはずなのだが、どこにやったか残念ながら手元には無かった。先生役に女子高生、生徒役も女子高生1人に男子高校生1人というのは覚えているのでカウント。

マンガでわかる有機化学

「マンガでわかる有機化学」2014年3月21日『amazon.co.jp』
https://www.amazon.co.jp/dp/4274069575/?tag=hatena_st1-22&ascsubtag=d-1oof3d

2014年3月出版。作画の牧野博幸氏、どこかで見た絵柄だとずっと思っていたのだが、ドラクエ4コマやスパロボ4コマの人気作家だと今回の記事を書くにあたって初めて知る。なるほどそりゃ見覚えあるはずだ。前述の通り、90年代以前の学習漫画はあまり流行の絵柄で描かれず、一般漫画雑誌掲載作と遜色無い絵で描かれ始めたのがゼロ年代半ばからなので、貴重な80~90年代の絵柄で描かれた学習漫画なのではないかと思う。
男子大学生が生徒役なのだが、先生役は宇宙人のユウキマン。乗っていた宇宙船が墜落し、主人公の下宿先に無理やり居候という展開。完全にオッサンキャラだしユウキ「マン」と言うくらいなので男なのだろう。地球人年齢で36歳とのこと。本記事でも唯一の先生役と生徒役が両方男性キャラの作品である。
絵柄だけでなくストーリー展開やギャグのノリまで徹頭徹尾懐かしい雰囲気を感じられるので30歳以上の人は是非読んでみると良いのではないかと思う。ターゲット読者は大学生なのでは?という疑問は華麗にスルーだ。

マンガ おはなし物理学史 物理学400年の流れを概観する

「マンガ おはなし物理学史 物理学400年の流れを概観する (ブルーバックス)」2015年4月21日『amazon.co.jp』
https://www.amazon.co.jp/dp/406257912X/?tag=hatena_st1-22&ascsubtag=d-1oof3d

2015年4月出版。ブルーバックス「おはなし◯◯史」第3弾。例によって例のごとくタイムスリップもの。案内役は中年男性(教師?)で、生徒役は女子高生2人。漫画としては薄味目なのは前2作通りなのだが、生徒役JKの俗っぽいキャラ魅力は前2作よりちょっと上か。
2015年にこの絵柄で商業漫画を出版できるというのも学習漫画ならではなのではないだろうか。

マンガでわかる物理 光・音・波 編

「マンガでわかる物理 光・音・波 編」2015年12月1日『amazon.co.jp』
https://www.amazon.co.jp/dp/4274218201/?tag=hatena_st1-22&ascsubtag=d-1oof3d

前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy