ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Garminの新スマートウォッチ「Instinct」はバッテリー2週間持続!

最近、アウトドア仕様のスマートウォッチが増えてきている。そんな中、Garminも新スマートウォッチ「Instinct」を発売した。

軍用グレードのタフさ、GPSやコンパスなどを備えたアウトドアでの実用性、スマホのノーティフィケーションなどを表示する日常における使いやすさなど、あらゆるニーズに対応する。

・ルート計画を立てられる

アウトドア仕様なのでInstinctは当然のことながら耐水・耐衝撃性を備え、ディスプレイは傷がつきにくい繊維強化ポリマー素材で覆われている。

トレッキングやツーリングなどをする人にとって、自分の居場所をGPSですぐに確かめられる機能は必須だが、Instinctはそうした需要にもちろん応える。

さらにはGarmin Exploreアプリでルートの計画を立てることができ、戻るときはルートが自動案内されるなど、安全確保にも役立つ。

・運動量もモニター

そのほか、運動量や心拍、燃焼カロリーなどを計測するフィットネストラッカーのような機能も搭載している。走る、歩くだけでなく、水泳、バイク、カヤック、スキーといったさまざまなスポーツに対応する。

スマホと連携させればスマホへのコールやメッセージの着信なども表示して知らせるので、アウトドアだけでなく日常使いにもうってつけだ。

スマートウォッチはバッテリー消耗が早いのが難点だが、Instinctはスマートウォッチモードで14日間、GPSモードで16時間、省エネモードで40時間作動する。仕事のある平日も、アクティブになる週末もこれ一つでカバーできそうだ。

価格は299.99ドル(約3万4000円)。

Garmin

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。