ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

『少年ジャンプ』漫画内に無料で広告掲載できる! 『ジモトがジャパン』が地元を盛り上げたい人を募集

お前の地元ッッ! ドコだああぁぁーーッ!!

『週刊少年ジャンプ』42号(9月15日発売)の連載開始以来、分かる人には分かる、分からない人には全く伝わらない日本全国のご当地ネタが話題を呼んでいるギャグ漫画『ジモトがジャパン』。10月15日発売の同誌46号にて、実際の企業や団体から“地元にまつわる広告”を募集し、同作の作品内に設けた広告枠に掲出する画期的な企画が発表されました。

広告枠に掲載する内容は、各地域の町おこしや特産品、飲食店や宿泊施設、ご当地イベントの告知など、“ジモト”を応援する内容であれば何でもあり。媒体費は無料で『週刊少年ジャンプ』の『ジモトがジャパン』作品内に設けた広告スペースに掲載されます。

また、掲載された広告は単行本にもそのまま収録。地元を盛り上げたい地元企業・地方自治体の担当者は必見の企画となっています。

<概要>
掲載費:無料
掲載寸法:縦225ミリ×横52ミリ(掲載用データの用意が必要です)
掲載枠:週刊少年ジャンプ『ジモトがジャパン』漫画内、および『ジモトがジャパン』単行本
広告掲載についての問い合わせ先:[email protected]
※応募多数の場合、編集部が選考のうえ掲載する広告を決定します。

『ジモトがジャパン』は中学生にして“都道府拳”の使い手である主人公・日ノ本ジャパンが、日本全国のご当地ネタを紹介しながら学園生活のトラブルを解決するご当地ギャグ漫画。「人の地元を笑うな」「天は県の上に県を作らず」といった地元愛たっぷりのセリフと、型破りなギャグが注目を集めています。単行本1巻は2019年1月4日(金)に発売予定です。

(c)林聖二/集英社

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき