ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カップ焼きそばにポテトサラダを入れて混ぜると魂が震えるウマさに超進化!『ポテサラUFO』が激しく美味

熱湯を注いで数分待ち、湯切りをしてからソースを混ぜるだけで美味しく食べられるカップ焼きそば。全国的に流通している『日清焼そばU.F.O.』『ペヤング』『一平ちゃん』などをはじめ、北海道限定の『やきそば弁当』などたくさんの種類が存在し、それぞれに個性があります。

具がたっぷり入っているカップ焼きそばは存在しない

しかし、どのカップ焼きそばにも共通しているのは具が少ないということ。乾燥キャベツや小さな肉がちょっぴり入っているものがほとんどで、実際に胃袋に入る物の大半は麺になるのです。そう考えるとちょっと不健康。もうちょっと具だくさんだったら罪悪感も薄れるのに。そう思いませんか?

カップ焼きそばにポテサラを入れると優勝!

そこで! ぜひオススメしたいのがカップ焼きそばにポテトサラダを投入してかき混ぜるというアレンジ。コンビニやスーパーでカップ焼きそばを買う際に、一緒に惣菜コーナーでポテトサラダを買えばいいだけなので準備も簡単。調理も簡単。ほんの一手間とワンコインで最強に進化したカップ焼きそばを食べることができるのです。

今回は数多のカップ焼きそばの中でも特にメジャーであり、ポテトサラダと相性抜群な『日清焼そば U.F.O.』を使って紹介していきます。

1. 普通にカップ焼きそばを作る

作り方を紹介するといっても何も難しいことはありません。とりあえず普通にカップ焼きそばを作ります。

2. ポテトサラダをカップ焼きそばの上から入れる

カップ焼きそばを作ったら、続いてポテトサラダを豪快に投入します。

ポテトサラダだったら基本的に何でも合うはずですが、しいて挙げるなら『セブンイレブン』で販売されているものがベスト。じゃがいもが大きく、キュウリが入っていない物を選ぶと相性がいいんじゃないかなと思います。

ポテトサラダを開封したら、もう全部入れちゃいましょう!

通常サイズの『U.F.O.』に『セブンイレブン』のポテトサラダを全量入れるとこんな感じになります。

3. 豪快に全体をかき混ぜて完成

あとは全体をしっかりかき混ぜれば完成となります!

豪快にかき混ぜつつも、じゃがいもがあまり潰れないように気を配るのがポイントです。

はい、こちらで完成となりました。『ポテサラUFO』のできあがりです!!

じゃがいもがゴロゴロ!! 焼きそばに合う!!

「焼きそばにじゃがいもなんて合わないだろ……」と思っている人は多いかもしれませんが、実はじゃがいもを入れた焼きそばは栃木県栃木市のB級グルメとして親しまれているのです。

焼きそばのソース味とホクホクとした食感のじゃがいもは相性抜群。特に『日清焼そばU.F.O.』のソースは濃厚でマイルドな味なので、マヨネーズをまとったじゃがいもと完璧にマッチするのです。

普通の焼きそばだと他の具材に埋もれてしまうかもしれませんが、具の少ないカップ焼きそばならじゃがいもの存在感が際立ち、「カップ焼きそばに足りないものはこれだったか!」と気づかせてくれます。じゃがいものホクホク感はなかなかインスタントの食材では再現できないですから。

全体的にもっちりして食べ応えが大幅アップ!! 魂が震えて喜ぶ味!!

そして細かくなってしまったじゃがいもは麺にしっかりと絡みついてくるのですが、これがまたウマさを爆上げさせてくれます。麺がかなりもっちりとした食感になって、食べ応えが大幅にアップ。とんでもない満足感です。

しかもポテトサラダの味付けのベースとなっているマヨネーズは焼きそばとの相性が抜群なのは言うまでもありません。逆に、少数派ですがポテトサラダにソースをかけて食べる人も存在するわけですから、ソース焼きそばとポテトサラダはまさに相思相愛の関係。見た目こそあまりよくないかもしれませんが、どう考えても失敗するはずがないのです。

もちろん『U.F.O.』以外で作っても激ウマ

今回は『日清焼そばU.F.O.』を使いましたが、もちろんソース味の焼きそばであれば他の商品を使っても問題ありません。簡単に作れるのに、食べた瞬間に全身が震えるような衝撃を味わえる一品です。ぜひ皆さんも一度試してみてくださいね。

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ノジーマ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。