ナッシー(アローラのすがた)デカっ! ARで『ポケモンGO』『ingress』などNianticの世界観を体感できるイベントが本日から開催

access_time create folderデジタル・IT

スマートフォンを返却すると、携帯電話に貼ってポケモン交換したい気持ちをアピールできるシールと、ambieのカタログがお土産にもらえました。

庭園の隣には、赤・青・黄の3色のチームカラーに分かれたリアルジムが。VRヘッドセットを装着してポールを中心に歩き回ることで、ジムのらせん階段を上り下りするVRコンテンツを体験できます。毛利庭園にいるポケモンたちを見下ろしたり、最上階にはピカチュウが待っていたり、なかなか楽しい体験ができるコンテンツ。どんな映像が見られるかは、実際に体験して確かめてみてください。

ウェストウォークでは、『Ingress』の世界観を体験できる『AR Roppongi × Ingress』のブースが出展されています。

ここでは、1000分の1スケールで成功に再現された東京の都市模型が展示されていて、ARグラスをかけて見ることにより、『Ingress』の世界をリアルに体感することができます。ポータルに視点を合わせると、そのポータルのレベルやオーナーなどリアルタイムなステータスを表示したり、プレイヤー同士の戦いの結果を反映。

模型にプロジェクションマッピングする映像は、部屋の中のモニターからも確認できたのですが、Nianticがツイートしたデモ映像を見るとイメージがわきやすいかもしれません。


https://twitter.com/NianticJP/status/1050534942826876928

これらのプログラムは本日から公開中。17日からはNianticが開発した最新のAR技術を活用した多人数同時プレイの対戦型ゲーム『NEON』を体験できたり、13日には10月17日からフジテレビ系列で放映されるテレビアニメ『Ingress』の先行上映会&音声AR体験イベント、17日にはARをテーマにしたトークイベント『西村真理子のテック&パーティー!』の開催を予定しています。詳細は六本木ヒルズのウェブサイトをチェックしてみてください。

『INNOVATION TOKYO 2018』開催概要
期間:2018年10月12日(金)~10月21日(日)
場所:六本木ヒルズ 各所(毛利庭園、大屋根プラザ、ウェストウォーク、ヒルズ カフェ/スペース)
料金:無料
※一部プログラムは有料となります。
お問い合わせ:
03-6406-6000
六本木ヒルズ総合インフォメーション
主催:森ビル株式会社、Niantic,Inc.

INNOVATION TOKYO 2018 – AR Playground with Niantic – | 六本木ヒルズ – Roppongi Hills
http://www.roppongihills.com/events/2018/10/004418.html[リンク]

前のページ 1 2
access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧