ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

MacにiPadのセカンドスクリーンをプラス! アダプター「Luna Display」が発売

昨年、クラウドファンディングKickstarterで人気を博した「Luna Display」を覚えているだろうか。もし覚えているとしたら、あなたはきっとApple製品、MacとiPadの愛用者だろう。

Luna Displayは小さなドングルで、Mac側に差し込むとiPadとMacが連携し、iPadをMacのセカンドディスプレイとして使えるというもの。このLuna Displayが満を持して一般発売となった。価格は79.99ドル(約9000円)。

・仕事の効率アップに

オフィスなどで複数のスクリーンを使って働いている、という人は、セカンドスクリーンが家でも、あるいは出先で働くときも欲しいと感じているのではないだろうか。その方が仕事の効率がアップする。

そこで、登場したのがLuna Display 。iPadをMacのセカンドスクリーンにしてしまおう、という発想だ。

・ケーブルフリー

アイデアそのものは斬新というわけではないが、Luna Displayのポイントはかなり小型であること。ポートに差し込んでも出っ張りはほんの数センチ。ケーブルフリーなのもいい。

ただ、ワイヤレスで接続させるためにはMac、iPad共に同じWi-Fiにつなげなければならず、もしWi-Fiが使えないという環境であればUSBでつなぐ必要がある。

いったん設定してしまえば、Macで操作していたものをさっとiPadに移すのはお手の物で、iPadを完全にセカンドスクリーンとして使える。ご存知、iPadはタッチ操作ができるので、ものによってはMacよりiPadの方が扱いやすいということもあるだろう。

ユニットタイプはUSB-CかMini DisplayPortから選べる。Mac、iPadの両方を愛用しているという人はサイトをチェックしてみて。

Luna Display

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。