ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

見えない時間の経過は、映像で残す。一眼レフカメラでタイムラプス動画を作る方法

見えない時間の経過は、映像で残す。一眼レフカメラでタイムラプス動画を作る方法

皆さんはタイムラプスってご存知ですか?タイムラプスとは一定間隔で連続撮影した何百枚、何千枚もの写真をつなぎ合わせて編集し、1つの動画にする手法でインターバル動画とも言われています。

言葉は知らなくても、最近テレビなどでもよく見かけるので、一度は目にしたことがあるかもしれませんね。

 

テレビやインターネットで実際に動画を見てみると、どれも完成度が高く、専門的な知識や技術が無くては作成は難しいと感じてしまうかもしれませんが、意外と簡単に作れてしまうんです。

今まで旅先で撮っていた静止画や普通の動画とはひと味違ったタイムラプスに挑戦してみましょう!

*編集部追記
2016年3月に公開した記事に新たに加筆しました。(2018/10/12)

 

撮影に必要な機材

機材の前でポーズをとる男性

photo by pixabay

タイムラプス撮影に必要なものは、長時間露光が可能なカメラ、三脚、カメラにインターバル撮影機能が無い場合はレリーズ、だけです。

普通の星空の撮影などとほとんど同じで、意外と少なく感じませんか?撮った写真をタイムラプスに編集するのに必要なソフトは無料のもので十分です。

 

ピントを固定する

写真を取り合う少年少女

photo by pixabay

何百枚も撮影した写真をつなげて動画にするので、三脚に付けたカメラをしっかりと固定して水平を合わせ、ピントもずれてしまわないように注意が必要です。

マニュアルフォーカスでピントを合わせたら、テープで固定しましょう。

 

ホワイトバランスはマニュアル設定

サンセットを取ろうとするカメラマン

photo by pixabay

ホワイトバランスは、オートでは無くマニュアル設定にしましょう。

数時間単位で撮影するのでオートのままで撮影すると時間帯によってそれぞれの写真の色味が変わってしまい、1つにつなげた時に不自然に感じてしまうかもしれません。

ホワイトバランスは曇りなどにすると赤っぽく、蛍光灯にすると青っぽい写真になります。タイムラプス撮影の前に色々と試してみて自分の好みの色合いをさがしてみて下さい。

 

撮影時の設定について

一眼レフで撮影しているカメラ

photo by pixabay

サンセットやサンライズなど明るさが大きく変化する時間帯に撮影す場合は絞り優先(Av)で、変化の少ない星空はマニュアルでカメラを設定しましょう。

絞り優先で撮影しておけば変化の激しい空の明るさにもカメラが自動で調整してくれるので、後から不自然に暗かったりすることはありません。その際、F値は7.1、ISO320くらいがおすすめです。

逆に真っ暗な星空であれば、空の明るさに大きな変化はないのでマニュアルで固定してしまった方が露出が安定します。

タイムラプス撮影に挑戦!

絶景をとるカメラマン

photo by pixabay

しっかりと試し撮りをして、いざ撮影開始!

撮影はインターバル機能を使います。もし、カメラにインターバル撮影機能がついていなければインターバル機能のついたレリーズを用意してください。

撮影はインターバルの時間が短い方がより自然なタイムラプスになりますが、その分、写真の枚数はどうしても増えてしまうのでカメラやバッテリーに負担がかかってしまいます。

 

なので数時間程度の撮影であれば、10秒〜30秒間隔程度がおすすめです。

撮影が始まったらあとは気長に待つだけ。風景を見たり、読書をしたりと待ち時間もじっくりと楽しんで下さい。

 

撮った写真を動画にしよう

パソコンをいじる少女

photo by vauvau

有名なフリーソフトだとSriusCompなどがありますが、自分の使いやすそうなソフトを使ってタイムラプス動画を作成してみましょう。

基本的には撮影した画像を選択して、動画作成にチェックを入れて合成するだけなので全く難しい作業はありません。

完成形のタイムラプス動画がこちら。こんな動画が撮れたら今までよりももっと素敵な思い出になりますよね!

 

 

一眼レフだけじゃない!スマホでタイムラプスを撮る方法

サンセットで撮影したタイムラプス

実は今、スマートフォンでもタイムラプス撮り、映像を撮る人が増えているのはご存知でしょうか。毎回制度が高くなっているiPhoneにも、もともとタイムラプス機能がついているので、それを利用します。

手で持って抑えていても取れないことはないですが、非常にブレてしまい後から見ると残念な感じになってしまうことも。スマホで撮るときはスマホ用のミニ三脚など利用すると良いでしょう。

 

タイムラプス機能を利用して撮りたい景色5選

次に、どんな場所がタイムラプスに向いているのか、チャレンジしたい景色を5選ご紹介します。

 

星空

タイムラプスで撮影した星空
タイムラプスといったら、動きがわかる映像が非常に魅力的ですが、星はその代表です。ぐるぐると回る星空は美しく、たまに被る雲や流れ星なども映るので、映像から目が離せません。

はじめて一眼レフでタイムラプスを撮るなら、ぜひ星空にチャレンジしてみてください。

 

ウユニ塩湖

ボリビアの絶景ウユニ塩湖もタイムラプスにぴったりです。潮の満ち引きや雲の動き、サンセットや星空など、いつ撮影しても素敵な画になること間違いないです。

 

気球祭り

アメリカのアルバカーキで行われる気球祭りなど、膨らませて大きくして飛ばすという行程を、タイムラプスで撮影すると今まで気にもとめていなかったことが見えてくるので、もっと祭りが楽しくなるかもしれません。

 

人通りの多い交差点


よくタイムラプスで映されることの多い交差点は、光や人を映し出すことができるので、ドラマのワンシーンの移り変わりに使用されることもあります。橋の上から車の光を写したり、人通りを写すと面白いでしょう。

 

世界遺産の街並み

世界遺産に焦点を当てて人の出入りを撮影するタイムラプスも非常にユニークです。撮影するときはカメラが長時間あっても邪魔にならないか、撮影は可能なところなのかを確認してから行いましょう。普段見ている世界遺産とはまた違った一面が見れるかもしれません。

 

まとめ

タイムラプス成功の鍵は、試し撮りを完璧にすること。

ここでミスをすると何百枚、何千枚という写真が無駄になってしまいます。とはいっても、特別に難しいことはありません。

大切なのは、きっちりと水平とピントを合わせて、露出を確認すること。普段の撮影とそれほど変わりませんよね。

旅先の風景をいつもの写真とは違ったタイムラプスで切り取ればより印象深いものになること間違いなしですよ!

ライター:桃(一眼レフだけじゃない!スマホでタイムラプスを撮る方法、タイムラプス機能を利用して撮りたい景色5選)

関連記事リンク(外部サイト)

【初心者の方向け】よく耳にする「一眼レフ」ってそもそも何?
カメラ初心者向けのオンラインレッスンを無料で受ける方法
世界一、鮮やかに着飾る裸族「スリ族」を撮り下ろした写真集“SURI COLLECTION”が登場
旅行が10倍素敵になる!おすすめのカメラアプリ8選

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy