ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人間工学に基づいたグリップ採用のNintendo Switch保護ケース「Aixmeet」

Nintendo Switch専用の保護ケースは、既に多数販売されている。だが中には脱着式コントローラーの設計に適合せず、2人でのプレイの度にケースを外さなければいけないことも。それでは何のためのケースか分からない。

「Aixmeet」は、左右のJoy-Conごとカバーする保護ケースである。だが、これはJoy-Conの脱着を前提にしている製品でもある、また、人間工学に適ったグリップも提供する。

・手の疲労を軽減するグリップ

Joy-Conの裏側、いわゆる「握り」の部分は重要だ。手にフィットしていなければ、プレイの最中に疲れてしまう。そして握りを持ち替えようとした瞬間、手が滑ってSwitchを地面に落下……ということもあり得る。

Aixmeetは、人間工学に基づいた設計の握りでプレイ中のトラブルを防止する。また先述の通り、このAixmeetはJoy-Conの分離に対応する。

Aixmeetの取り外しは非常に容易だ。わずか1秒しか費やさないという。これなら、状況に応じて手軽にAixmeetを扱うことができる。

粉塵、水滴からのガードにもAixmeetは役立つ。多少埃っぽい場所でも気兼ねなくSwitchを使用できる。

・スタンドも搭載

さらにAixmeetは、背面にスタンドを設けている。これを使って卓上にSwitch本体を立脚させ、Joy-Conを分離させてプレイ……ということも可能だ。

Aixmeetは現在、クラウドファンディング「Indiegogo」で26ドル(約2900円)からの出資を受け付けている。配送は今年12月を予定。

Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy