ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

秋葉原発!創作活動を効率化させるクリエイター向けジョイスティック「Orbital 2」

作画デバイスでタッチペンを使ってイラストを書く時、またはPCに複雑なプログラムを打ち込む時。そこに必ず「キーボードを打つ煩わしさ」がある。

そうでなくとも、右利きのイラストレーターがタッチペンとマウスをその都度持ち帰るというのはかなりの労力を費やす。これはかなりの不合理でもあるし、人間工学の観点から見てもかなり条件が悪い。

そこで考え出されたのが「Orbital 2」である。秋葉原発のクリエイター向け周辺機器だ。

・ジョイスティックでらくらく操作

ジョイスティックといえばゲームコントローラーの印象が強いかもしれないが、Orbital 2は卓上の作業を考慮した製品である。「倒す」「回す」「押す」という操作が可能だ。

まずは「倒す」から説明しよう。Orbital 2は8方向それぞれに機能を割り当てることができる。10時の方向に倒したらビュー操作、9時の方向に倒したらツール変更といったように。片手にペンを持ったまま操作できるものだから、いちいちマウスに持ち帰るという煩わしさから解放される。

次に「回す」。これは数値の増減や左右の傾き等に対処したもの。パラメータ調整の際には大いに役立つだろう。

最後は「押す」。これはリセットボタンや、何かしらの決定的な意味合いを持つ操作に適合するものだ。これを押せば、いつでも初期設定値に戻すことができるというような割り当ても考えられる。

・腱鞘炎防止に一役

ただし、これらはユーザーが自由にカスタマイズすることができ、それこそ格闘ゲームのコマンド入力のような複雑な設定にすることも可能である。

この製品が開発された背景には、クリエイターの腱鞘炎問題があるという。ショートカットキー操作の度に手が無理な姿勢を取るから、それが元で腱鞘炎を発症してしまうそうだ。

Orbital 2は現在、クラウドファンディング「Kickstarter」で3万4000円からの出資枠を公開している。配送は来年1月から。

Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy