ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Nozomi Nobody、初のデジタル・シングル「生活」「ホタル」を本日2曲同時リリース レコーディング風景を収めたMV公開

Nozomi Nobody、初のデジタル・シングル「生活」「ホタル」を本日2曲同時リリース レコーディング風景を収めたMV公開

東京を拠点に活動するシンガー・ソングライター・Nozomi Nobodyが初のデジタル・シングル「生活」「ホタル」を本日10月11日に2曲同時にリリースした。これらの楽曲は、NYを拠点に活躍する作曲家のHidetake Takayamaをピアノ編曲・演奏に迎え、下北沢のカトリック世田谷教会にて一発録りで録音されたもので、レコーディング&ミックスを君島結が、マスタリングを中村宗一郎が行った。

Nozomi Nobodyはヴォーカルをループさせ、コーラスを幾重にも重ねていく独自のライヴ・パフォーマンスを行うシンガー・ソングライター。これまでに2016年、2017年とそれぞれセルフ・プロデュースのミニ・アルバムを発表。どちらも英語詞の楽曲と多重のコーラスワーク、アコースティック・ギターを基調にしたアレンジが特徴だったが、今作では一変、日本語詞の楽曲をピアノ一本のアレンジで歌い上げており、ソングライターとしてもシンガーとしても新たな一面を見せている。 空間をそのまま閉じ込めたような作品にしたいという本人の意向から、周囲の環境音などもそのまま収録されており、Nozomi Nobodyの艶やかな歌声にHidetake Takayamaのピアノが静かな煌めきを添え、空間の響きを感じる瑞々しい作品に仕上がっている。

教会でのレコーディング風景をおさめた「生活」のミュージックビデオも公開された。監督は映像作家・元(もと)が務めた。(内)

MV「生活」

Nozomi Nobody
Digital Single
「生活」
「ホタル」
2018年10月11日 (木) 各配信サイトにて2曲同時リリース
Silent Room Records

OTOTOYでハイレゾ音源をチェック
「生活」
https://ototoy.jp/_/default/p/132730

「ホタル」
https://ototoy.jp/_/default/p/132675

エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。