ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 皮肉・涙・笑い全てが一流の演出! 映画『レッド・ファミリー』のベテラン名脇役に注目
  • 総重量160t! 見れば見るほどそのクオリティに唸る“砂のスター・ウォーズ”完成
  • 川勝正幸さん突然の死去に悲しみの声相次ぐ
  • 今日は「いい夫婦の日」! 「思わず涙した“夫婦愛”を描いた映画ベスト3」第1位は?
  • シャーリーズ・セロン、映画『ワイルド・スピード』シリーズ第8弾に出演決定
  • アニメ映画『Trolls(原題)』のトレーラーが公開、ジャスティン・ティンバーレイクとアナ・ケンドリックが色鮮やかな冒険に乗り出す
  • ヴィン・ディーゼル、映画『Avengers: Infinity War(原題)』に映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のキャラクターが登場すると認める
  • 映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に出演するクリス・エヴァンス、「他の誰にもマーベルの真似はできない」とコメント
  • 映画『チェインド』――“微笑みデブ”のドノフリオが怪演 連続殺人犯と少年の奇妙な共同生活
  • “ジャッキーミュージアム”間もなくオープン! 『ポリス・ストーリー/レジェンド』キックオフ・イベント開催
  • ついに公開された『ダークナイト ライジング』 セットと思われた凄まじいシーンのほとんどがCGではなく実際のロケ
  • ダメ男だけどなぜか憎めない……『トラさん~僕が猫になったワケ~』北山宏光演じる“寿々男”の愛すべき魅力
  • もしも恐竜が絶滅していなかったら? ピクサー最新作『アーロと少年』は文明を持った恐竜が主人公
  • 【動画】テイラー・スウィフト とゼイン・マリク、官能映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』続編のミュージックビデオに出演
  • 映画『クリード チャンプを継ぐ男』のライアン・クーグラー監督、映画『Black Panther(原題)』を監督することを交渉中
  • 映画『ウォークラフト』のファンタジーな世界がテレビスポットで公開

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

和楽器バンド、「大新年会2019さいたまスーパーアリーナ」追加公演決定

2019年1月6日(日)に開催される和楽器バンド大新年会2019はチケット販売開始から申込が殺到し、予想を上回る反響となっていた中、1月5日(土)の追加公演が決定した。

これまで、渋谷公会堂(2015年)、日本武道館(2016年)、東京体育館2days(2017年)、横浜アリーナ(2018年)と年を重ねる毎にその規模を拡大し、その動員数を増やし続けてきた和楽器バンドの大新年会だが、2019年にはその規模を更にスケール・アップさせ、さいたまスーパーアリーナ2Daysとなる。

年々、ファン層を拡げ、先のツアーでもライヴ会場には老若男女のファンが溢れていた中、「大新年会に行きたくてもチケットが手に入らない」というファンの声が上がっていた。

一人でも多くのファンに見てもらいたいというメンバーの想いを受けて追加公演が決定した、さいたまスーパーアリーナ2Daysは、和楽器バンドとしても大きなチャレンジとなる。更なる高みを目指す「和楽器バンド大新年会2019」。チケット情報を忘れずにチェックしよう。(た)

<鈴華ゆう子(Vo)コメント>
皆様の応援のおかげで追加公演することとなりました。2days行えるということは、私達の未来への大きな第一歩になると思います。2018年の全国ツアーは、過去最多ヶ所、皆様に会いに行きました。そこでパワーアップさせていただいた私達の姿を今度は皆様がさいたまスーパーアリーナの宴にお集まり頂き、共にその瞬間をご確認していただければ光栄です。我々にとって、2018年のまとめでもあり2019年の志を「ライブ」という形で皆様へ表明する機会になると思います。

—————————————————————————
和楽器バンドの楽曲はOTOTOYにて配信中
https://ototoy.jp/_/default/a/112986

<和楽器バンド大新年会2019>
日程:2019年1月5日(土)・6日(日)
会場:さいたまスーパーアリーナ

<リリース情報>
NEW SINGLE
「細雪」
2018年11月14日発売

HP
https://wagakkiband.jp/

エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。