ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』キャラクター徹底解説1:銀河を駆ける”成り上がり”伝説「ハン・ソロ」

「スター・ウォーズ」屈指の人気を誇るハン・ソロの若き日を描いたアクション・アドベンチャー超大作『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』が10月17日(水)にMovieNEX発売、先行デジタル配信中です。

“ハン・ソロ”と聞くと「なんとなくは分かるけど、実はよく知らない」という人も多いのでは? ガジェット通信では、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』MovieNEX発売日まで、毎日カウントダウンをしながら各キャラクターを徹底紹介していきます。記念すべき第1回目は本作の主役である、ハン・ソロです!

■男気あふれるアンチヒーロー!銀河を駆ける”成り上がり”伝説

「いつか銀河イチのパイロットになる」。そんな夢を抱いているハン・ソロですが、現実にはスラム街に生まれ育ち、身柄の保護と引き換えに、裏社会で犯罪行為に手を染めざるをえないシビアな青春時代を送っています。そんな現状を打破するため、彼が選んだのは大胆不敵な脱走計画! 作品の冒頭、いきなりド派手なカーチェイスが繰り広げられますが、まさにそこから、自由を追い求めるハン・ソロの壮大なアドベンチャーが幕を開けるのです。

そんな彼の魅力はズバリ、男気あふれるアンチヒーローぶり。どんな状況でも自分を貫き通し、ピンチをチャンスに変えてしまう勝負強さは、何事も真正面からぶつかる一般的なヒーローとは一味違います。頭の回転は速いのに、ケンカっ早い性格が災いしてしまう点に、女性なら母性本能をくすぐられるはず(自分はイケていると過信し、実際には、女性の気持ちがあまりわかっていないのもハン・ソロのかわいいところ!)。そして、のちに銀河中に知れ渡ることになる”成り上がり”伝説……果たして、冒険の果てに、ハン・ソロが手にするものとは?

■3000人から選ばれた”新進スター”が語るハン・ソロの魅力って?

過去にハン・ソロが登場した映画シリーズは『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の4作品で、演じているのはハリウッドきっての名俳優であるハリソン・フォード。一方、本作で若き日のハン・ソロを演じるのが、約3000人の候補者から選ばれた新進スターのオールデン・エアエンライクです。「ハンは、ギャンブラーとか暗黒街の奴らと同じクールな裏世界の一員で、同時に人々が共感を抱ける存在。実にさまざまな側面を持っているし、ああ見えて、内心では自信を持てずにいるところもあるんだ」(エアエンライク)。また、謎めいたヒロイン・キーラを演じるエミリア・クラークは「ハンはチャンスがあれば、とにかく飛び込んで行くタイプ。絶対に不可能にしか思えないバカみたいなことさえ、虚勢を張りながら、やり遂げてしまうの。キーラにとっては、そこがとにかく魅力的なのね」と語っています。

■本日のトリビア
ハン・ソロとキーラがコレリアからの脱出の際に使った宇宙港で流れている帝国軍の勧誘CMには、「スター・ウォーズ」シリーズでお馴染みの、「帝国のマーチ」(ダース・ベイダーのテーマ)が使われています! ぜひ本編でチェックを。

■ハン・ソロの基本情報
特徴:愛すべきアンチヒーローにして、憎めない俺さまキャラ。自己チューだけど、仲間との絆には熱い!
出演作:『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』、『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』、『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』
先行デジタル配信中
10月17日(水) MovieNEX(4,200円+税)発売
※初回版はSWブラック・パッケージ、「ハン・ソロ&チューバッカ」アウターケース付き!(両面仕様)
同時発売
4K UHD MovieNEX(8,000円+税)
4K UHD MovieNEXスチールブック(数量限定/9,000円+税)
© 2018 & TM Lucasfilm Ltd.
starwars-jp.com/hansolo

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy