ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フリーゲーム『未完のエリザ』 「完成」によってそこなわれた曲を、理解する物語

昔々 ある所に魂を持った楽譜がありました。

その楽譜には 日々少しずつ物語世界が継ぎ足されていき、
いつ完成するのかと 楽譜自身待ちわびていました。

※ ※ ※

『未完のエリザ』は、毎年開催されている「WOLF RPGエディターコンテスト(通称ウディコン)」の、2018年度総合グランプリを果たした作品だ。今回はこの短編の魅力を紹介したい。

舞台は豪華客船「サザンクロス」。偉大なピアニストだった祖父にあこがれる「マリン」は、無事ピアノの演奏を披露し終え、船旅最後の夜を満喫していた。

そこで突如、船に異変が起こる。

空が赤くなり、人が一人もいなくなる。マリンは人を求めてさまよい、地下室へと導かれる。

そこには一台のピアノと、「呪われた曲」として伝説になっている「呪奏(じゅそう)のエリザ」の楽譜が置かれている。
mikan-no-eliza-1

少女は部屋に閉じ込められる。どうやらこの曲を弾かない限り、出られないようだ。

意を決してマリンはピアノを弾く。

一度弾き始めると「麻薬のようにトリップ状態に陥って」しまうといわれる「エリザ」は、少女を楽譜の中の世界へと引き込む。

こうして、それぞれが「狂気」によってむしばまれた、5つの楽章を巡る物語が、始まるのだった・・・

さて、「5つの楽章」ということは、世界が5つあるのだ。

序章「-猫ふんじゃった-」
第1楽章「-天国と地獄-」
第2楽章「-月光-」
第3楽章「-運命ー」
第4楽章「-田園の孤独病ー」

これらの楽章は、それぞれが狂気の世界になっている。

序章:鍵盤の上でモンスターから逃げつつ、猫を探す世界
第1楽章:雲の上で羊を集める世界
第2楽章:月が行く手を阻む世界
第3楽章:すごろく
第4楽章:「孤独死」する世界
mikan-no-eliza-2

例えば、雲の上で羊を集める世界。

集めた羊で足場を作って先に進むという、なんともファンタジーな世界なのだが、それでも危険がはらんでいる。

モンスター化した音符や、先に進むのに必要な「鍵」に擬態するモンスターが行く手を阻み、プレイヤーに危害を加えようとしてくる。

魂を持つ楽譜の目的は、その曲を弾いたものを比喩ではなく「虜」にし、楽譜の世界でもてあそぶことなのだ。
mikan-no-eliza-3

「エリザ」は世界を憎んでいる。世界とは、無理やり完成させられた「自身」のことであり、そしてそんな自身を称賛した音楽界である。

彼女は「完成」されたことを憤り、呪いとなった。その呪いは封印されてなお都市伝説のごとく流布し、数百年、存在し続けた。

自我を持った呪いというのは厄介で、楽譜は「未完」であったころを懐かしみ、ひがみから他者を見下すようになった。

マリンが目をつけられたのは、船でピアノを披露し、「祖父の曲が一番」と言ったがためだ。いわは、才能ゆえにまきこまれたことになる。

 

この作品が優れているところは、「音楽」という題材に、謎解きとホラー要素を組み合わせたところだろう。

「音楽」や「音」を題材とした作品はいくつかあるものの、そこに「謎解き」、そして「ホラー」を組み合わせたものは、少ないのではないだろうか?

ただ、謎解きは基本的にやさしいし、ホラーといってもちょっとした「脅かし」ぐらいのものなので、そこまで身構える必要はない。

音楽にしたって、別に高尚な、とっつきにくいものではない。

この作品は、音楽のパロディになっているのだ。

マリンが出場を控えているのは「ウェーン国際コンクール」であるし、そもそも「エリザ」自身、ある実在する有名なピアノ曲と同じく「名前が間違えられた」曲であるのだ。

その曲がなにであるかは、実際にプレイをし、確認してほしい。

mikan-no-eliza-4▲音楽に限らず、いろいろうんちくが知れる場所があって、楽しい。

※ ※ ※

前述したが、『未完のエリザ』は、「第10回WOLF RPGエディターコンテスト」に出展された。

そして数々の魅力的な作品、秀逸なアイディアの作品、グラフィックの凝った作品、破天荒な作品の中から、みごと投票によって、総合グランプリを果たした。

きれいにまとまったシナリオ、印象に残るキャラ、すごろくまで実装したミニゲームなど、「未完」の名に反した完成度の高さを持ち、そして「未完」という言葉そのものを、考えさせられる作品となっている。

なお、作者様の前作『棺桶時計の動く夜』という作品と、時系列的につながっている。そちらもあわせてプレイしてみてほしい。

[基本情報]
タイトル :『未完のエリザ』
ジャンル:探索型アドベンチャー
制作者 :ナイデン内田 (制作者様サイトはこちら)
クリア時間: 2~4時間
対応OS :Windows
制作ツール:WOLF RPGエディター
価格: 無料

ダウンロードはこちらから
http://www.silversecond.com/WolfRPGEditor/Contest/result10.shtml

関連記事:

フリゲアドベンチャー『ライブラリウム』水に沈む図書館が舞台の、男女のすれ違いの物語
フリゲアドベンチャー『死ンデル嬢と魔法使い』。ゾンビになってしまったお嬢様とカッコイイ執事、メイドの脱出劇
ブラウザSFフリゲアドベンチャー『PROTOCOL』900年の彼方から想いを繋ぐ、約束の物語

もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。