ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ボストンの犬型ロボットよりは怖くない!? チューリッヒ工科大学の『ANYmal』

犬型ロボットの代名詞といえば『aibo(アイボ)』だと言う人が多いと思います。中には、「ボストン・ダイナミクスの『SpotMini(スポットミニ)』」という人もいることでしょう。『SpotMini』は、「キモイ」だの「不気味」だの言いたい放題言われてきましたが、いよいよ来年発売となるようです。

人間の敵になるんじゃないか、という潜在的恐怖を与える『SpotMini』の「不気味」な動きとは対照的に、人間と共存できるんじゃないかと思わせてくれる動きをする犬型ロボット『ANYmal』の動画が公開されています。動画を公開したのはチューリッヒ工科大学(ETH Zurich)です。

Articulated Locomotion and Manipulation for ANYmal (YouTube)
https://youtu.be/XrcLXX4AEWE

無造作に捨てられたペットボトルを見つけ、拾い上げます。

ゴミ箱へポイっ。

重たい箱を運ぶお手伝い。

ドアだって自分で開けられます。

SF映画で悪役が引き連れている犬型ロボットが『SpotMini』だとすれば、さしずめ『ANYmal』は正義の味方側の犬型ロボットといった感じです。ロボットは人間に優しく、人間は自然環境や地球に優しくしていかないと、末恐ろしい近未来が待ち受けていそうです。それにしても、もうちょっと『aibo』的な可愛らしいデザインにならないもんですかね。

※画像:『YouTube』より引用
https://www.youtube.com/watch?v=XrcLXX4AEWE

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。