ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

体のエネルギー残量やレム睡眠が計測可能になったGARMINのリストバンド型活動量計『vivosmart 4』が10月11日に発売へ

ガーミンジャパンは、リストバンド型活動量計の新製品『vivosmart 4』の予約受付を10月4日に開始、10月11日に発売します。価格は1万6482円(税別)。

従来の活動量計の機能に加えて、“BODY BATTERY”と“アドバンストスリープモニタリング”の2機能を搭載。

“BODY BATTERY”は、Garminが開発した体のエネルギー残量を表す数値で、ストレス、心拍数の変動、睡眠、活動状況から計算。ユーザーが休息すべきか体を動かすべきか、タイミングを視覚的に示します。専用スマートフォンアプリ『Garmin Connect』からグラフと数値で確認でき、結果に対するコメントもアプリから確認可能。

従来モデルと比べて睡眠の計測機能を強化。“アドバンストスリープモニタリング”により、レム睡眠、ノンレム睡眠の詳しい情報を『Garmin Connect』で確認できます。

活動量計としては、ステップ数、上昇階数、消費カロリー、週間運動量などの計測に対応。最大7日間使用可能なバッテリーを搭載し、50m防水に対応します。本体カラーはレギュラーサイズがBlack Slate、Merlot RoseGold、Gray RoseGold、Blue Silverの4色、LサイズはBlack Slateのみとなります。

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき